今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。

このアドレス(インパクト)で違うのは手首の角度です。トウアップの方がグリッププレッシャーが強く手首が固定できているイメージがありますね。

そうするとエネルギーロスはトウアップの方が少なくなりそうですが、実際のデータを見てみるとこんな感じでした。

トウアップの時の全体データ
ヒールアップ時の全体データ

ライ角の部分だけのデータを詳しく見てみるとこんな感じになります。

そしてそれぞれのエネルギーロスについてみてみるとこんな感じになります。
トウアップ8.9度の時のエネルギーロスは-8.9%
ヒールアップ6.1度の時エネルギーロスは-11.8%

データ数もそれほど多くないのではっきりしたことは言えませんが、やはり手首がしっかりできるトウアップの時の方がエネルギーロスが少なくなっていますね。

持論である手首の角度をしっかりキープして打つのがストロークの安定につながるということを今後証明できると良いと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 練習を重ねるということ

    2019.12.6

    練習を重ねるということ

    練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行っ…

    練習を重ねるということ
  2. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  3. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  4. パッティングには自分に合ったストロークがある

    2019.07.18

    パッティングには自分に合ったストロークがある

    ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。カップまで転がす方法はかなりたくさん…

    パッティングには自分に合ったストロークがある
  5. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  6. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境
  7. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  8. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  9. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP