最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではありますが、ある程度打てる人にとって重要なのは「ハート」です。

先日読んだ「無意識のパッティング」でこんな話がありました。それはデーブ・ストックトンさんがジャック・ニクラウスに聞いたという話です。

「ジャックに話を聞くと、大会優勝のかかったパットを外したことは一度もない」と言う。

でも実際は2位のことは何度もあって、最後に外して負けたこともあるとのこと。ですが、デーブ・ストックトンさんの見解はこうでした。

「ジャックは嘘をついているのではない、ただ悪い結果を覚えていないだけだ」とのこと。要は悪いイメージは記憶に残っておらず、最後に決めて優勝した良いイメージだけが記憶に残っているということ…。

すごい人ですね。やはり我々はこういう悪いイメージとの戦いになりますから、どうしてもおぎるのは悪いイメージで、結構その悪いイメージの通りに何事もなく終わる感じが多いと思います。

昔師匠にパターは気合だと言われたことがありますが、要は入れたいと思う気持ちをプラスのエネルギーに変えられれば悪いイメージを払拭することにつながるんだと思います。

今度コースを回った時にはパッティングだけでなく全てにおいてプラス思考でいってみよう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  2. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  3. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  4. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  5. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる
  6. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  7. パターのシャフトはまだまだ研究不足

    2019.01.23

    パターのシャフトはまだまだ研究不足

    最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つもの…

    パターのシャフトはまだまだ研究不足
  8. 練習で気をつけること

    2020.01.31

    練習で気をつけること

    一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあり…

    練習で気をつけること
  9. やっぱり引っかかる

    2019.09.18

    やっぱり引っかかる

    先日久しぶりに Scotty Cameron の 009 を使って感じたことがあります。し…

    やっぱり引っかかる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP