今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話です。

これまでストロークをする際に打ち出したい方向に打ち出せる打ち方で、フェースの向きと軌道のつじつまを合わせることだけを考えていました。

でも大事なことを忘れていたことに気付かされた部分があります。

それは…
パッティングは「打つ」のではなく「転がす」こと

と言うことです。これは難しい表現かもしれませんが、結果的に打っていることに変わりないと言う話なのですが、打つと転がすは別の動作なのです。

本の中ではテーブルの上にあるレモンを手で転がすテストをする話が出ています。

レモンのような形をしたものをテーブルの上で真っ直ぐに転がそうと思ったら、レモンを打つと言う感覚ではない動きになると思います。

パッティングではボールを「転がす」と言う感覚で打とうと思うことが重要になるんです。

確かに打ち出し方向だけに集中して、そっちに打ち出そうと思って転がそうと言う感覚はありませんでした。

ちょっとその感覚でやってみたのですが、すごく良い感じになりました。ちょっとのイメージの違いでこんなに変わるんだと言うことを気づかされた内容でした。

「無意識のパッティング」はこちらから購入できます。

https://a.r10.to/hMGfui

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  2. パターが長すぎるデメリット

    2021.02.26

    パターが長すぎるデメリット

    パターが長すぎることでやりにくくなることがいくつかあります。長すぎるパターを普通に構えよう…

    パターが長すぎるデメリット
  3. アドレスでヘッドを上げる?

    2021.04.27

    アドレスでヘッドを上げる?

    パッティングカウンセリングをしていて、5人に1人くらいアドレスでヘッドを上げてからスタートする人が…

    アドレスでヘッドを上げる?
  4. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  5. ARM/WRIST LOCK Putter Project 4

    2021.01.29

    ARM/WRIST LOCK Putter Project 4

    長さも決まって早速グリップを入れたのですが、SuperStroke のグリップは結構やることがあり…

    ARM/WRIST LOCK Putter Project 4
  6. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  7. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  8. 課題は一つずつ解決していく

    2019.08.20

    課題は一つずつ解決していく

    先日はあれこれ考えないという話をしましたが、それに通ずる話があります。それはパッティング練…

    課題は一つずつ解決していく
  9. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP