先日発売になった Choice の記事を読んでいて面白いデータが出ていたので紹介しておきます。

詳細については現在発売中の Choice をご覧ください。

記事の中で登場する人物で Marius Filmalter さんという方がいます。この方は私が以前販売代理店をしていた「TOMI」の開発をした方で、たくさんのプロのストロークデータを持っています。

そのなかで今回明らかにしてくれたのが、米国ツアープロの平均的ストロークの数値です。

今回のデータはヘッドの上下軌道の話なのですが、最下点から7mm上昇する2.8度のアップライトというのが米国ツアープロの平均的ストロークとのことでした。

もう少しわかりやすく言うと、最下点より1ft( 約30.5cm)先で7mm上昇するのが2.8度のアッパー軌道で、インサイドアウトが条件とのことです。

そしてもう一つ大事なことを言っていました。ストロークのアークは前傾角度で決まるものであり、パターの性質で変わるものではないということです。

この考え方面白いです。確かに前傾の角度が変わればアークは変わってきますね。ただそこにはパターの長さとボールの位置でも変わってきそうです。

でも自分も含めてだいたいの方は手打ちに近いので、前傾の角度だけではアークの大きさは変わらないような気もします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  2. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  3. なぜショートパットが難しいか?

    2020.05.7

    なぜショートパットが難しいか?

    ここのところ色々な本を読んでいるのですが、イップスに関する本も3冊ほど読みました。その中に…

    なぜショートパットが難しいか?
  4. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  5. 今月は15本のロフト/ライ調整

    2019.08.28

    今月は15本のロフト/ライ調整

    8月はストローク分析のキャンペーン価格もあって、パターのライ角、ロフト角の調整を15本やりました。…

    今月は15本のロフト/ライ調整
  6. フェースが開いている/閉じている感じの正体

    2020.07.20

    フェースが開いている/閉じている感じの正体

    先日いらした方がフェースが開いてしまっていて構えにくいとおっしゃっていました。フェースが開…

    フェースが開いている/閉じている感じの正体
  7. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  8. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  9. 易しいパターって何だろう?

    2020.03.30

    易しいパターって何だろう?

    易しいパターの定義はなかなか難しく、その人の弱点をカバーしてくれるものが易しいパターということにな…

    易しいパターって何だろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP