今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。

「メカニズムについて考えながらうまくなることに必死なあまり、自分自身をみとめようとしていなかった」

これもあるあるな話ですね。いつも言っていますがきれいな打ち方が入るストロークではないだけでなく、いつも同じようにできるストロークではないと言うことです。

このパターだからこう動かさなければならないとか、このパターだからこう動くはずだ…のはとても危険な考え方です。

ストロークのメカニズムについてはある程度理解が必要ではありますが、それに沿って動くことはかなり難易度が高い動きになる場合が多いです。

そこに必死になってしまうと自分の良いところ(再現性が高い部分)を活かせずに悪いところばかり見てしまいます。

以前お話ししたことがあると思いますが、例えばアウトサイドインの軌道にどうしてもなってしまう方の場合、フェースが真っ直ぐに向いていたらボールが左に飛んでしまいます。

ですがずっとその打ち方をしていれば左にいかないように徐々に変わってきます。その解決方法はフェースを右に向けることです。

そんな調整を知らないうちにやっている場合がほとんどです。それによってボールの転がりが悪くなることが想像できますが、それはその転がりの距離感になってくるものです。

ですので、今の自分を認めると言うことも時には必要になります。

私のストローク分析では現状を把握していただき、理解していただくことによって、安定している部分を活かしながらより「入れられる」パッティングができる方法を考えています。

「無意識のパッティング」はこちらから購入できます。
https://a.r10.to/hMGfui

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Putting Laboratory は今日から営業開始します!

    2020.06.1

    The Putting Laboratory は今日から営業開始します…

    自粛期間中何件かのお問い合わせをいただいておりましたが、対応できず申し訳ありませんでした。…

    The Putting Laboratory は今日から営業開始します!
  2. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  3. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  4. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  5. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  6. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  7. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  8. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  9. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP