先日から難しいとか簡単とかいう話が続いていますが、今日が最後になります。

みなさんが難しいイメージのパターというと一番そういう感じに感じているのはL字パター、その次はピン型、そして普通のマレット、大型マレットという順番なのだと思います。

これは何の順番かと言うと重心角が大きい順になっていますね。大きさと言う意味で考えると小さい順になっています。

ということは難しいと感じる要素は重心角の大きさと、ヘッドの大きさということになりそうです。

重心角が大きいと何が難しいかというと、ストロークの軌道の動きが大きくなるので難しい感じがしますね。

次にヘッドの大きさは、やはり大きいヘッドはアドレスの時の安定感があります。ですがすわりが悪いとその悪さをより増幅して感じてしまいます。

あとは芯の広さや重心角深度の問題もありますが、そこは目に見える部分ではありませんのでパターを選ぶときには参考にできないですね。

とにかくこれは構え易いとか、入りそうというパターを選ぶといいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  2. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  3. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  4. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について
  5. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  6. 調子のいい時の状態を知っておく

    2019.04.16

    調子のいい時の状態を知っておく

    パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータ…

    調子のいい時の状態を知っておく
  7. グリーンエッジからのパッティング

    2019.05.10

    グリーンエッジからのパッティング

    転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。アプローチのミスよりも明…

    グリーンエッジからのパッティング
  8. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  9. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP