ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。

それは右手の手のひらか、左手の甲で意識するのがわかりやすいと思います。

アドレス時にもグリップの真横から右手の手のひらを当てて、左手はかぶせ過ぎず、スクエアに握ることで手の甲がフェース面と同じ方向を向くことになります。

ただこの意識はアドレスの時だけで、ストローク中に次に意識するタイミングはインパクトの時です。ストローク中はヘッドに任せて動いていればフェースの向きは常に真っ直ぐに向くということはありません。

ですのでアドレスで真っ直ぐに向けるために、インパクトで真っ直ぐに向けるためのこの意識だと考えてください。

ずっと意識しているとフェースが閉じなくなってしまうので、プッシュアウトが出る原因になります。とにかく手は使わずに体で動いていれば「ヘッドの動きはインサイドイン」でフェースローテーションが入ることになります。

微調整で少しだけスタンスの向きを変えることは真っ直ぐに打ち出すためにできる一番簡単なことかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    2020.06.15

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    久しぶりのラウンドでパッティングや、アプローチの感覚が大丈夫かかなり不安がありました。その…

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…
  2. テークバックでソールが引っかかる

    2020.06.3

    テークバックでソールが引っかかる

    こんな悩みを持った方は結構いるかもしれませんね。テークバックで地面に引っかかってしまうと、…

    テークバックでソールが引っかかる
  3. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  4. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  5. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  6. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  7. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  8. いざという時に信じられるストローク

    2020.03.17

    いざという時に信じられるストローク

    普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアに…

    いざという時に信じられるストローク
  9. 前足に体重が行き過ぎていませんか?

    2020.04.10

    前足に体重が行き過ぎていませんか?

    最近何人かの方に同じ症状が見えたのでお話ししておきます。どちらの方も右利きだったのですが…

    前足に体重が行き過ぎていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP