ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。

それは右手の手のひらか、左手の甲で意識するのがわかりやすいと思います。

アドレス時にもグリップの真横から右手の手のひらを当てて、左手はかぶせ過ぎず、スクエアに握ることで手の甲がフェース面と同じ方向を向くことになります。

ただこの意識はアドレスの時だけで、ストローク中に次に意識するタイミングはインパクトの時です。ストローク中はヘッドに任せて動いていればフェースの向きは常に真っ直ぐに向くということはありません。

ですのでアドレスで真っ直ぐに向けるために、インパクトで真っ直ぐに向けるためのこの意識だと考えてください。

ずっと意識しているとフェースが閉じなくなってしまうので、プッシュアウトが出る原因になります。とにかく手は使わずに体で動いていれば「ヘッドの動きはインサイドイン」でフェースローテーションが入ることになります。

微調整で少しだけスタンスの向きを変えることは真っ直ぐに打ち出すためにできる一番簡単なことかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  2. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  3. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  4. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  5. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  6. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  7. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  8. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  9. 難しいパターは何が難しい?

    2020.03.31

    難しいパターは何が難しい?

    先日から難しいとか簡単とかいう話が続いていますが、今日が最後になります。みなさんが難しい…

    難しいパターは何が難しい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP