ANSERFREAK と内容が似てしまいますが、家で練習をするときに気をつけてもらいたいことを書いておきます。

ストローク分析に来てくださって、こういう練習をしたらいいですよとお伝えすると、一生懸命練習してきてくれるのですが、一生懸命やりすぎて反対のやり過ぎになってしまうことが多いです。

こういうことが頻繁に起きるので、必ずやり過ぎにならないようにという話をするとともに、直すためのやり方に加えて、その反対方向のやり過ぎになっていないことを確認する方法もお話ししています。

真面目に一生懸命練習する人ほど陥りやすいですので気をつけてください。

実際にその場では直そうとする意識はどのくらいかを体感してもらうのですが、徐々にできてくるとその感覚でやると反対の方向に行ってしまうことがあるんです。

具体的にいうと、アウトにあげてしまう人が真っ直ぐテークバックしたいと思う場合は、インサイドに引くつもりでやらないと真っ直ぐにはなりません。

ですがその後もう真っ直ぐになっているのに、真っ直ぐにするためにインサイドに引こうと思ってしまうので、本当にインサイドに引いてしまうというような場合があります。

ですので、やり過ぎチェックが大事なんです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 実験の条件を検討中

    2019.04.5

    実験の条件を検討中

    ヘッドはウェイトが変えられる Scotty Cameron NEWPORT、シャフトは ATTAS…

    実験の条件を検討中
  2. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft
  3. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  4. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム
  5. 前足に体重が行き過ぎていませんか?

    2020.04.10

    前足に体重が行き過ぎていませんか?

    最近何人かの方に同じ症状が見えたのでお話ししておきます。どちらの方も右利きだったのですが…

    前足に体重が行き過ぎていませんか?
  6. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境
  7. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  8. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  9. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP