ANSERFREAK と内容が似てしまいますが、家で練習をするときに気をつけてもらいたいことを書いておきます。

ストローク分析に来てくださって、こういう練習をしたらいいですよとお伝えすると、一生懸命練習してきてくれるのですが、一生懸命やりすぎて反対のやり過ぎになってしまうことが多いです。

こういうことが頻繁に起きるので、必ずやり過ぎにならないようにという話をするとともに、直すためのやり方に加えて、その反対方向のやり過ぎになっていないことを確認する方法もお話ししています。

真面目に一生懸命練習する人ほど陥りやすいですので気をつけてください。

実際にその場では直そうとする意識はどのくらいかを体感してもらうのですが、徐々にできてくるとその感覚でやると反対の方向に行ってしまうことがあるんです。

具体的にいうと、アウトにあげてしまう人が真っ直ぐテークバックしたいと思う場合は、インサイドに引くつもりでやらないと真っ直ぐにはなりません。

ですがその後もう真っ直ぐになっているのに、真っ直ぐにするためにインサイドに引こうと思ってしまうので、本当にインサイドに引いてしまうというような場合があります。

ですので、やり過ぎチェックが大事なんです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  2. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  3. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  4. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  5. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  6. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  7. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  8. EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました

    2020.01.24

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していた…

    今日はちょっと告知です。発売になって少し時間がたちましたが、HILLCREST …

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました
  9. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP