この話は何度かしたことがあるかと思いますが、先日もいらした方に聞かれたのでまた書こうと思います。

技術的に大事なのは「いつも同じ動きができる」ことです。

そのいつもの動きがどんな動きであろうとその打ち方で入っているのであればそれは問題ありません。プロのように打つから入るようになるわけではありません。

言い方を変えると打ちたい方向に打ち出せる打ち方が、その人にとっての再現性の高い打ち方です。

インパクト時のフェースの向きが悪いとか、アドレスでフェースが真っ直ぐに向いていないとか、アウトサイドインだとかは、入っていれば問題がないと思います。

ただ80%は左を向いているのに20%が右を向いてしまっているのであれば、それはそこがいつも同じ方向に向けるように直すべきです。

回転が悪くてもその回転の悪さに合わせた力加減で打つようになっています。ですが、当たる場所が悪くて距離感が悪くなっているのであればそれは改善すべき点が明らかです。

いつも言っていますが、自然にできる動きは無意識でできている動きなので、邪念が入らなければ同じ打ち方ができるはずです。

ですので巷で言うパッティングストロークはこうしなければならないということは無いと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  2. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  3. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  4. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  5. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  6. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  7. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  8. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  9. 速いグリーンで感じたこと

    2020.06.26

    速いグリーンで感じたこと

    先日プレーした宍戸ヒルズは雨降りにもかかわらず 10ft くらいのスピードが出ている感覚がありまし…

    速いグリーンで感じたこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP