この話は何度かしたことがあるかと思いますが、先日もいらした方に聞かれたのでまた書こうと思います。

技術的に大事なのは「いつも同じ動きができる」ことです。

そのいつもの動きがどんな動きであろうとその打ち方で入っているのであればそれは問題ありません。プロのように打つから入るようになるわけではありません。

言い方を変えると打ちたい方向に打ち出せる打ち方が、その人にとっての再現性の高い打ち方です。

インパクト時のフェースの向きが悪いとか、アドレスでフェースが真っ直ぐに向いていないとか、アウトサイドインだとかは、入っていれば問題がないと思います。

ただ80%は左を向いているのに20%が右を向いてしまっているのであれば、それはそこがいつも同じ方向に向けるように直すべきです。

回転が悪くてもその回転の悪さに合わせた力加減で打つようになっています。ですが、当たる場所が悪くて距離感が悪くなっているのであればそれは改善すべき点が明らかです。

いつも言っていますが、自然にできる動きは無意識でできている動きなので、邪念が入らなければ同じ打ち方ができるはずです。

ですので巷で言うパッティングストロークはこうしなければならないということは無いと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. インパクトを作る

    2020.08.7

    インパクトを作る

    今日の話は自分と同じタイプの打ち方をしている人限定の話です。全ての人に当てはまる話ではありませんの…

    インパクトを作る
  2. パターの芯で打つべきなのか?

    2019.08.29

    パターの芯で打つべきなのか?

    パターの芯で当たっているかをすごく気にしている方がたまにいます。パターの重心位置(芯)で打…

    パターの芯で打つべきなのか?
  3. ロフトチェックは大事

    2019.01.29

    ロフトチェックは大事

    パッティングストロークの分析前に必ずお持ちいただいたパターのスペックを計測するのですが、カタログ値…

    ロフトチェックは大事
  4. 色々なグリーンへの対応

    2020.12.21

    色々なグリーンへの対応

    ここ何回か高麗グリーンでのラウンドが続きました(唐沢GCで2回、取手国際GCで1回)。高麗…

    色々なグリーンへの対応
  5. VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 2

    2020.12.9

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 2

    ウェイトレンチとウェイトが届きました。ウェイトは接着されているのかと思いきや、片側…

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 2
  6. どうして体が浮くのか?

    2019.12.10

    どうして体が浮くのか?

    昨日お話しした体が浮く問題についてもう少し考えてみました。どうして体が浮くんですかね?精神…

    どうして体が浮くのか?
  7. パッティング時のスタンス

    2021.06.24

    パッティング時のスタンス

    パッティングをするときのスタンスをどうしたらいいか聞かれることがよくあります。何かを実現し…

    パッティング時のスタンス
  8. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  9. パターのライ角調整します!

    2019.08.8

    パターのライ角調整します!

    パターのライ角調整をした方が良い人は結構いらっしゃいます。ですが調整をしてもらいたくてもできないと…

    パターのライ角調整します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP