この話は何度かしたことがあるかと思いますが、先日もいらした方に聞かれたのでまた書こうと思います。

技術的に大事なのは「いつも同じ動きができる」ことです。

そのいつもの動きがどんな動きであろうとその打ち方で入っているのであればそれは問題ありません。プロのように打つから入るようになるわけではありません。

言い方を変えると打ちたい方向に打ち出せる打ち方が、その人にとっての再現性の高い打ち方です。

インパクト時のフェースの向きが悪いとか、アドレスでフェースが真っ直ぐに向いていないとか、アウトサイドインだとかは、入っていれば問題がないと思います。

ただ80%は左を向いているのに20%が右を向いてしまっているのであれば、それはそこがいつも同じ方向に向けるように直すべきです。

回転が悪くてもその回転の悪さに合わせた力加減で打つようになっています。ですが、当たる場所が悪くて距離感が悪くなっているのであればそれは改善すべき点が明らかです。

いつも言っていますが、自然にできる動きは無意識でできている動きなので、邪念が入らなければ同じ打ち方ができるはずです。

ですので巷で言うパッティングストロークはこうしなければならないということは無いと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  2. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  3. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  4. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  5. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  6. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  7. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  8. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  9. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP