普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアにならなくなってしまいます。

一度失った自信はすぐにリセットされてしまいますので、自分ではいつも通りやっているつもりでもどこか自信がない状態でやっているストロークはいつものストロークではありません。

そんな時にこの打ち方ならこの距離は外さないと思える打ち方が欲しいですね。かっこが悪くても結果が良ければ何でもいい感じです。

自分の場合は手首をがっちり固めて、ハンドファーストを強くして短いストロークにすることが今まではそんな感じで打てています。

でも色々やって上手くいかないときは一時的にパターを変えてみるのも良いですね。

エースに悪いイメージがつきすぎると使うのが嫌になってきますからね。

もちろんこの間みたいに速いグリーンでなければ問題ないのかもしれませんので、ホームコースでどうかもう一度使ってみるつもりでいます。次のラウンドはスタート2時間前に着くようにいくぞ!

  • コメント: 0

関連記事

  1. プッシュアウトのミスが出る人のための対策

    2021.07.30

    プッシュアウトのミスが出る人のための対策

    ショートパットでプッシュアウトしてしまう...。フックラインでもないのにボールが右に行く.…

    プッシュアウトのミスが出る人のための対策
  2. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  3. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  4. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  5. 3パットした時の対処方法について

    2020.04.27

    3パットした時の対処方法について

    これもストローク分析にいらしたお客さんによくお聞きすることの一つに関係した話題です。ミス…

    3パットした時の対処方法について
  6. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  7. 調子のいい時の状態を知っておく

    2019.04.16

    調子のいい時の状態を知っておく

    パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータ…

    調子のいい時の状態を知っておく
  8. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  9. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP