カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

いざという時に信じられるストローク

普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアにならなくなってしまいます。

一度失った自信はすぐにリセットされてしまいますので、自分ではいつも通りやっているつもりでもどこか自信がない状態でやっているストロークはいつものストロークではありません。

そんな時にこの打ち方ならこの距離は外さないと思える打ち方が欲しいですね。かっこが悪くても結果が良ければ何でもいい感じです。

自分の場合は手首をがっちり固めて、ハンドファーストを強くして短いストロークにすることが今まではそんな感じで打てています。

でも色々やって上手くいかないときは一時的にパターを変えてみるのも良いですね。

エースに悪いイメージがつきすぎると使うのが嫌になってきますからね。

もちろんこの間みたいに速いグリーンでなければ問題ないのかもしれませんので、ホームコースでどうかもう一度使ってみるつもりでいます。次のラウンドはスタート2時間前に着くようにいくぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。