フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメージで打っているという方は結構います。

ただヘッドを真っ直ぐに動かすということは、自然な軌道ではないということをたくさんの方に知っていただきたいのです。

体とグリップエンドの距離感が変わらない限りヘッドは必ずインサイドに入り、フォローサイドでもインサイドに入ってきます。

この動きはフェースバランスのパターでもなるはずの動きです。ただフェースバランスのパターとトウバランスのパターの違いはとバランスになるほどフェースローテーションが大きくなるので、インサイドに入る度合いも少し大きくなります。

これはへっどがインサイド方向に動きたがるためにおこることで、自分がそう動くというものではありません。

正しく体で動くストロークができていればヘッド形状を意識せずにそのパターでなるべきストローク軌道になるということになります。

トウバランスとかトルクバランスと言っているパターではフェースが開こうとしないので、フェースローテーションはフェースバランスのパターより少なくなりますが、インサイドに入る動きは変わりません。

ですので、真っ直ぐ引いて真っすぐ出すができている方は、かなり特殊な難しい動きをしていることを認識しておいてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  2. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  3. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  4. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  5. ショートパットで何を気をつける?

    2019.08.16

    ショートパットで何を気をつける?

    以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり...です…

    ショートパットで何を気をつける?
  6. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  7. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  8. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  9. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP