フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメージで打っているという方は結構います。

ただヘッドを真っ直ぐに動かすということは、自然な軌道ではないということをたくさんの方に知っていただきたいのです。

体とグリップエンドの距離感が変わらない限りヘッドは必ずインサイドに入り、フォローサイドでもインサイドに入ってきます。

この動きはフェースバランスのパターでもなるはずの動きです。ただフェースバランスのパターとトウバランスのパターの違いはとバランスになるほどフェースローテーションが大きくなるので、インサイドに入る度合いも少し大きくなります。

これはへっどがインサイド方向に動きたがるためにおこることで、自分がそう動くというものではありません。

正しく体で動くストロークができていればヘッド形状を意識せずにそのパターでなるべきストローク軌道になるということになります。

トウバランスとかトルクバランスと言っているパターではフェースが開こうとしないので、フェースローテーションはフェースバランスのパターより少なくなりますが、インサイドに入る動きは変わりません。

ですので、真っ直ぐ引いて真っすぐ出すができている方は、かなり特殊な難しい動きをしていることを認識しておいてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  2. The Putting Laboratory は今日から営業開始します!

    2020.06.1

    The Putting Laboratory は今日から営業開始します…

    自粛期間中何件かのお問い合わせをいただいておりましたが、対応できず申し訳ありませんでした。…

    The Putting Laboratory は今日から営業開始します!
  3. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  4. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  5. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?
  6. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  7. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  8. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所
  9. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP