フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメージで打っているという方は結構います。

ただヘッドを真っ直ぐに動かすということは、自然な軌道ではないということをたくさんの方に知っていただきたいのです。

体とグリップエンドの距離感が変わらない限りヘッドは必ずインサイドに入り、フォローサイドでもインサイドに入ってきます。

この動きはフェースバランスのパターでもなるはずの動きです。ただフェースバランスのパターとトウバランスのパターの違いはとバランスになるほどフェースローテーションが大きくなるので、インサイドに入る度合いも少し大きくなります。

これはへっどがインサイド方向に動きたがるためにおこることで、自分がそう動くというものではありません。

正しく体で動くストロークができていればヘッド形状を意識せずにそのパターでなるべきストローク軌道になるということになります。

トウバランスとかトルクバランスと言っているパターではフェースが開こうとしないので、フェースローテーションはフェースバランスのパターより少なくなりますが、インサイドに入る動きは変わりません。

ですので、真っ直ぐ引いて真っすぐ出すができている方は、かなり特殊な難しい動きをしていることを認識しておいてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングが調子悪い時に

    2020.08.12

    パッティングが調子悪い時に

    少し前からパッティングの不調が続いています。大型マレットにしたり、普通のマレットにしたり.…

    パッティングが調子悪い時に
  2. パターヘッドの目印色々

    2020.08.5

    パターヘッドの目印色々

    パターヘッドには色々な目印があります。私のように目印はあまり入れたくないタイプの人もいれば…

    パターヘッドの目印色々
  3. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境
  4. PING型はカッコイイけど難しい?

    2019.11.19

    PING型はカッコイイけど難しい?

    パッティングストロークの分析にいらして「本当はカッコイイPING型を使いたいんですけど難しい感じが…

    PING型はカッコイイけど難しい?
  5. マレット型とピン型の違い

    2020.07.30

    マレット型とピン型の違い

    普段ピン型を使っている私ですが、ANSERFREAK の方でレポートした通り、エースのピン型に悪い…

    マレット型とピン型の違い
  6. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  7. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き
  8. パッティングでの右手の握り方

    2021.04.16

    パッティングでの右手の握り方

    パッティングで普通のグリップで握っている方の場合一番シンプルな握り方はこんな風に考えています。…

    パッティングでの右手の握り方
  9. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP