先日ラウンドをしていて気が付いたことがあります。

そのラウンドではパッティングの調子が悪く、順を追って考えてもアドレスに自信がない、打ち出し方向を決められていない、決めた方向に出て行かない…。

こんな感じでした。少し起き上がるという癖は以前からあったのですが、それが出てしまっていたことに気が付きました。

その原因は「腹圧が上がっていない」ことが原因でした。

腹圧を上げるということに関してが以前からお話ししていますが、そんな話をしておきながら自分がそうなっていないのはダメですよね。

昔の言い方をすると、下っ腹に力を入れるということです。ただ注意したいのは力を入れたときに息を止めないことです。

息を止めてしまうと筋肉は硬直してしまいます。腹筋には力が入っているけど普通にしゃべれる状態を腹圧を上げた状態ということになります。

起き上がったり体が動く人は是非やってみてください。効果絶大です!

  • コメント: 0

関連記事

  1. Spider X が悪いわけでは無い…

    2020.02.26

    Spider X が悪いわけでは無い…

    前回使った Spider X が何で結果が悪かったかを考えてみました。いつもと違う点はイ…

    Spider X が悪いわけでは無い…
  2. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  3. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  4. ロフトチェックは大事

    2019.01.29

    ロフトチェックは大事

    パッティングストロークの分析前に必ずお持ちいただいたパターのスペックを計測するのですが、カタログ値…

    ロフトチェックは大事
  5. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  6. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  7. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  8. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  9. Stability Shaft の意外な効果

    2019.06.21

    Stability Shaft の意外な効果

    先日のラウンドで Stability Shaft を入れた HILLCREST TRUECoG S…

    Stability Shaft の意外な効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP