ストローク分析の時にチェックする項目としてスタンスがあります。それは向きだったり、体重のかかり方だったり、幅だったりします。

今回はその幅についてちょっとお話しします。誰にでもやり易い幅というのがあるので、特にこうしなければいけないはありません。

ただすごく幅が広い人に写真を撮って見せると広すぎてかっこ悪いと思う方がほとんどで、広いことすら気づいていないことが多いです。

では実際に幅が狭い場合に何が起きるかを考えてみると、幅が狭いと下半身が動きやすくなりますね。それがしっかり抑えられているならば特に狭いことは問題ではありません。

逆に広いと起こることは下半身の動きが自由にできづらくなるので、しっかり腹筋を使わないと打てなくなります。

腹筋を使わないと上半身がショットのような動きになってしまうことが結構あります。

広すぎる、狭すぎるで何がどうなりやすいかを知っていることで自分がどうなっているかを推測して対処してみてください。

スタンスの幅に限らず自分では無意識にやっていることでも人から見たら結構変わっていると思われることがあります。たまに自分がどうなっているか聞くとびっくりすることがあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  2. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  3. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  4. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について
  5. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  6. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  7. 転がりを良くするための条件

    2020.02.19

    転がりを良くするための条件

    転がりが良い球というのは最後までトロトロ転がってなかなか止まらずに転がりますよね。こうい…

    転がりを良くするための条件
  8. 悪い記憶を蓄積する前に

    2021.03.2

    悪い記憶を蓄積する前に

    パターを何本か持っている方は結構いると思います。カウンセリングや分析にいらっしゃる方のほと…

    悪い記憶を蓄積する前に
  9. 真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    2020.03.16

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメ…

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP