今日は3回目、最後の話になります。

今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってライ角やロフト角の感じ方が変わるという話です。

調整をされる際に同じ種類のパターをお持ちになられる方はいいのですが、1本はフェースバランス、もう1本はL字タイプなんていう方もいらっしゃいます。

このパターンの場合、フェースバランスのパターでダブルベントネックがついているパターと、L字パターでネックがヒール寄り目いっぱいについているパターでは同じスペックに調整しても感じ方が変わります。

ネックの位置が違えば当然手の位置との関係で角度は変わってきます。ですので、ただ同じ数字にすればいいというだけではなく、こういった場合調整しながら自分に合った角度を見つけることが大切です。

ロフトに関しても例えばインサートが白いパターと、フェース面が黒いパターではロフトの見え方が異なります。

こちらは数値を信じた方が良い部分になりますのでご注意ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  2. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1
  3. 練習を重ねるということ

    2019.12.6

    練習を重ねるということ

    練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行っ…

    練習を重ねるということ
  4. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  5. duckbill golf RSR17 for M.Y.

    2020.06.19

    duckbill golf RSR17 for M.Y.

    先日オーダーいただいた duckbill golf の Rocker Sole Remake 20…

    duckbill golf RSR17 for M.Y.
  6. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    2019.05.21

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。今回はフェースローテーションに注目してみま…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4
  7. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  8. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  9. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP