今日は3回目、最後の話になります。

今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってライ角やロフト角の感じ方が変わるという話です。

調整をされる際に同じ種類のパターをお持ちになられる方はいいのですが、1本はフェースバランス、もう1本はL字タイプなんていう方もいらっしゃいます。

このパターンの場合、フェースバランスのパターでダブルベントネックがついているパターと、L字パターでネックがヒール寄り目いっぱいについているパターでは同じスペックに調整しても感じ方が変わります。

ネックの位置が違えば当然手の位置との関係で角度は変わってきます。ですので、ただ同じ数字にすればいいというだけではなく、こういった場合調整しながら自分に合った角度を見つけることが大切です。

ロフトに関しても例えばインサートが白いパターと、フェース面が黒いパターではロフトの見え方が異なります。

こちらは数値を信じた方が良い部分になりますのでご注意ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  2. ボールを見ないでストロークすると

    2020.10.14

    ボールを見ないでストロークすると

    ストローク中にパターヘッドが揺れてしまうという方はけっこういらっしゃいます。そういう方に限…

    ボールを見ないでストロークすると
  3. パターは嗜好品なので

    2019.09.19

    パターは嗜好品なので

    ラウンド中一番使う回数が多いパターは持っていてやる気が出るとか、その気になれるパターを使いたいです…

    パターは嗜好品なので
  4. ヘッドを動かそうと思わない

    2020.10.26

    ヘッドを動かそうと思わない

    少し前にテークバックで揺れる人にヘッドを引こうと思わないという話をしましたが、今日はその話をもっと…

    ヘッドを動かそうと思わない
  5. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  6. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  7. ベンドシャフトの接着角度

    2021.01.13

    ベンドシャフトの接着角度

    ベンドシャフトが入っているパターはすわりが悪いという相談が多いパターです。それは接着方向の…

    ベンドシャフトの接着角度
  8. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  9. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP