昨日に続きライ角/ロフト角調整時の注意点についてお話しします。

今日も実際によくある話からお話しすると、調整に来られた方が実際に長さもあっていて自分が置きたい手の位置も確定したはずなのに、そうではなくなってしまうことがあります。

具体的にどんな感じになってくるかというと、まずストローク分析をして4度フラットにするのが良さそうということがわかり、その通りに調整をしてヒールが浮かなくなり転がりも良くなりました。

ですが、しばらくしていると徐々にまたヒールが浮いてくるんです。これはなぜかというと、今までのヒールが浮いた景色に慣れてしまっていて、どんどん手の位置が浮いたりより体の近くになったりしてしまいます。

こうなるとせっかく調整したのにさらにフラットにしたくなってしまいます。それに応じて調整し続けても結局終わりがない感じになってきます。

こういう場合は最初の手の位置をしっかり記録して、その位置で構えた時のヘッドの見え方に慣れてもらうようにして、最初の調整以上に安易にしないようにしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?
  2. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  3. Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    2018.06.4

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    元々サイトラインが無いのが OLD ANSER らしいところなのですが、やはりサイトラインやサイトド…

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!
  4. 理想のストロークが入るわけではない

    2020.01.8

    理想のストロークが入るわけではない

    この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、ど…

    理想のストロークが入るわけではない
  5. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  6. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  7. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  8. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  9. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP