先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。

3パットをすることはあまりないのですが、その日の3パットは6回。最初のハーフで4回、後半のハーフで2回という内容でした。

この日の条件は強風、高麗グリーン、初めてのパターでうまくいく要素は今考えてみればほとんどないですね。

使ったパターは TaylorMade Spider X。室内で打つと思ったより打感もしっかりあって良かったのですが、実際にコースで打ってみると練習グリーンでの感覚とだいぶ違いました。

打感はソフトでいつものような音はもちろんあまり打った感が伝わってこない…。最初はシビアなパットが残らなかったので入っている感じもしたのですが、短いパットになると全く感じが出ない…。

前半は全くそのイメージに合わせられず終了。なんと3パット4回。こんなパット数は記憶に無いです。

悪いイメージに左右されないようにと思って打っても結果は変わらず。自分が真っ直ぐじゃ無いと思って向いた方向がまっすぐだと思って打つのは難しいことを実感しました。

そこそこパターは思い通りに打てると思っていたので、ちょっとショッキングな内容でした。

でもこういうことになるんだという引き出しを持てたことは、これからのストローク分析に役立てることができると思って忘れることにします(笑)。

  • コメント: 0

関連記事

  1. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  2. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  3. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  4. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  5. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  6. muziik DRY COMPOUND RUBBER GRIP FOR LONG PUTTER

    2020.07.6

    muziik DRY COMPOUND RUBBER GRIP FOR…

    ちょっと考えるところがあって以前使っていた長尺パターをもう一度使ってみようと思っています。…

    muziik DRY COMPOUND RUBBER GRIP FOR LONG PUTTER
  7. 太くて軽いグリップに注意

    2019.10.11

    太くて軽いグリップに注意

    最近太いのに重量が軽いパター用グリップが流行っていますね。SuperStroke はその代…

    太くて軽いグリップに注意
  8. Golf Today にちょっとだけ登場してます

    2020.01.21

    Golf Today にちょっとだけ登場してます

    今日はちょっと告知です。発売になって少し時間がたちましたが、Golf Today…

    Golf Today にちょっとだけ登場してます
  9. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP