前回使った Spider X が何で結果が悪かったかを考えてみました。

いつもと違う点はインサートとヘッドの大きさ、それと太いグリップと言うのも違う部分でした。

もしかしたらいつもの PING のラバーグリップに変えて打っていたら良かったかもしれないとちょっと思っています。

あとは性質的には慣性モーメントの大きさが明らかに違います。

ミスの内容としては普段どっちに外したと言うことを意識していないのではっきりはわかりませんが、なぜか思った方向よりも右に出てしまうことが多かったような記憶があります。

テークバックでのフェースローテーションは同じ程度にできていたと思うのですが、フォローで閉じていかない感覚がありました。

いつものPING型だと自然に閉じていってくれるのに、真っ直ぐ押し出したみたいな感覚になっていました。無理に閉じていく動きもしたくないので、狙いを少し左目にして対応しようかと思いますがそれでもダメでした。

それに球離れのタイミングや打感、打音も違うのでうまくいかない条件満載でしたね。良い経験になりました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?
  2. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  3. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  4. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…
  5. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  6. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  7. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  8. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  9. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP