こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい…という相談をよく受けます。

これの原因はパターのすわりです。パターのすわりに影響を与えるのはライ角、ロフト角、ソールアングルなどがあります。

ライ角はわかるけどロフト角がすわりに関係あるっていうのがイメージ付かない方が多いかと思います。ロフトが立っているパターはシャフトが右から入ってしまっている場合が多く、ロフトが寝ているパターはシャフトが左から入ってしまっています。

これを真っ直ぐに構えようとするとすわらない場所で構えなければならなくなってしまうので、「なんか構えにくい」ということになってしまうわけです。

それとソールアングルもそうです。ソールアングル自体はフェースがかぶらないようにソール面に角度がついているのですが、ソール全体で座らせようと思うと手がヘッドの位置の右に来てしまうということがおきます。

ですので、なんか構えにくいはお持ちいただければきっと直すことができますのでお持ちください。

お持ちいただいてその場で調整も可能です。その場合の調整費は4,400円でストローク分析も一緒にやっていただくと分析が5,500円と調整費3,300円の8,800円でやっていただけます。

自分が構えやすいと感じるアドレスでストロークするとストロークも安定します。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    2019.12.3

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    レポートする場所があちこちになってしまいましたが、先日 ANSERFREAK の方でレポートした「…

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習
  2. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  3. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  4. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  5. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  6. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  7. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  8. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  9. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP