こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい…という相談をよく受けます。

これの原因はパターのすわりです。パターのすわりに影響を与えるのはライ角、ロフト角、ソールアングルなどがあります。

ライ角はわかるけどロフト角がすわりに関係あるっていうのがイメージ付かない方が多いかと思います。ロフトが立っているパターはシャフトが右から入ってしまっている場合が多く、ロフトが寝ているパターはシャフトが左から入ってしまっています。

これを真っ直ぐに構えようとするとすわらない場所で構えなければならなくなってしまうので、「なんか構えにくい」ということになってしまうわけです。

それとソールアングルもそうです。ソールアングル自体はフェースがかぶらないようにソール面に角度がついているのですが、ソール全体で座らせようと思うと手がヘッドの位置の右に来てしまうということがおきます。

ですので、なんか構えにくいはお持ちいただければきっと直すことができますのでお持ちください。

お持ちいただいてその場で調整も可能です。その場合の調整費は4,400円でストローク分析も一緒にやっていただくと分析が5,500円と調整費3,300円の8,800円でやっていただけます。

自分が構えやすいと感じるアドレスでストロークするとストロークも安定します。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  2. フェースローテーションでパターを選ぶ?

    2018.09.27

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

    色々なメーカーでパターの種類を選ぶためにフェースローテーションの度合いや、ストローク軌道で選ぶという…

    フェースローテーションでパターを選ぶ?
  3. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  4. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  5. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  6. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  7. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  8. ヘッドスピード測定器で練習

    2020.02.3

    ヘッドスピード測定器で練習

    結構昔に購入した物ですが、いまだに練習に登場する機会があるのがヘッドスピード測定器です。…

    ヘッドスピード測定器で練習
  9. アドレス時にヘッドを浮かせる

    2020.03.6

    アドレス時にヘッドを浮かせる

    アドレスの時にヘッドを地面から浮かせている人が結構います。その理由はこんな感じです。テー…

    アドレス時にヘッドを浮かせる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP