先日小学校5年生の男の子がパッティングストロークの分析に来てくれました。そこで大人とは違うな~と思ったことをお話しします。

基本的には大人にするように「どうしようと思っている?」とか、色々な情報を聞き出しながらボールを打ってもらいます。

アドレスは軽くオープン、そしてほぼ真っ直ぐに上げながら少し引っ張りながらトウ側でヒット。フェースはまあまあオープンで、ボールが飛び出す方向は平均してカップの右縁あたり。

でも驚いたのはほとんどどうしようという感覚がないこと。でも体が柔らかいからか、上手くショルダーストロークができています。

フェースを開いてアウトサイドインに振ることでだいたい狙った方向に行っていますが、分析結果を説明していると「あっ!だからスライスラインが苦手なんだ!」と気がつく。

再現性はほぼ80%。何も考えていなくて入れるという目的のために本能で動いているからなんでしょうね。

小学生にもわかるように優しく(易しく)説明して、自分がやっていることを理解してもらって、今後の練習の仕方を説明して帰っていただきました。

色々な情報が入らず自分が入れるだけのためにやっている動きは最強ですね。

今回ボールが散らばる原因はアドレスで、合わせているはずのラインがきっちり合っていなくて、そのラインに対しては真っすぐに構えられているので結果に出てしまっているという内容でした。

とにかくフェースがオープンになり過ぎない練習をして本人が言う通り、パッティングがずっと好きでいてほしいものです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  2. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長
  3. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  4. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所
  5. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  6. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  7. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  8. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  9. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP