プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。

それはなぜか?

それはプロがその打ち方になったのかに理由があるのに、それを理解せずにやろうとするからというのがあります。

もしかしたらプロにできない動きをできているかもしれないのに、それをすべて捨てて打ち方を変えるのはナンセンスだと思います。

人それぞれ動かしやすい体の動かし方、リズムがとりやすいストロークのタイミングがあって、それにしたがってストロークすると今の打ち方になるわけです。

でもその中には安定してできていない部分もあって、そこさえ特定できて改善できればすぐにストロークは改善できます。

それはプロのような打ち方ではないかもしれませんが、それが再現性高くできるストロークなんです。

ですので「プロがこうやっているから」とか、「プロのリズムがこうなっているから」といってそれをやろうとすることはなかなか難しいことなんです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  2. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  3. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?
  4. STABILITY Shaft 実験4

    2019.06.24

    STABILITY Shaft 実験4

    今回は STABILITY Shaft が入ったパターと、いつものエースの TrueTemper …

    STABILITY Shaft 実験4
  5. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  6. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  7. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  8. 見事なストレート軌道、でもこれは…

    2019.11.18

    見事なストレート軌道、でもこれは…

    先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。た…

    見事なストレート軌道、でもこれは…
  9. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP