ストローク分析をしにくる方で練習では完璧にできているのにコースに行くと同じようにできないという方が結構いらっしゃいます。

原因は色々ありますが、その大きな原因の一つに「自信」の話があります。

自分ができるんだと自信を持ってやれているのかどうか?この1mのパットが入れられるのか?もしかしたら外してしまうんじゃないか?なんて思いながら打っていると良いことはありません。

自宅のパターマットで練習をするときにはそんなことは全く考えていないはずです。要するに練習の環境が本番の精神状態に近づけていないということになります。

家の練習は楽しくやることも重要ですが、なにか自分に課しながらやってプレッシャーの中でやることも重要です。

いつもプレッシャーを感じながら練習ができていれば本番でも同じ自分でいることができます。

練習でできることがコースでできない人は、練習のような気持ちの持ち方でコースでも打つのが一番良いのですが、そういうわけにもいかないので、その逆の練習をコースのような緊張感でやることをお勧めします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 読み違いとストロークのミスを区別する

    2020.07.22

    読み違いとストロークのミスを区別する

    以前も話題した内容ですが、再度お話ししておきます。パッティングのミスを引きずるという人が結…

    読み違いとストロークのミスを区別する
  2. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  3. ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    2019.07.24

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    色々な人のストローク軌道を見ていると、好きな曲がる方向がわかります。全体のストローク軌道で…

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる
  4. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  5. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  6. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  7. 長尺パターを使ってみました

    2020.07.14

    長尺パターを使ってみました

    先日グリップを新しくして温存していた Scotty Cameron BIG SUR をラウンドで使…

    長尺パターを使ってみました
  8. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール
  9. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP