どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思います。

それは簡単で、意識せずにできる動きが本来再現性が高くなるストロークです。

ですが、自分には悪いと思っている動きがあって、その動きをしないように色々気をつけているとできたりできなかったり…このできたりできなかったりが再現性を低くすることになります。

このできたりできなかったりをほぼ毎回できるようにするまではかなりの練習が必要です。これは単純な練習で、それも誤った方法で無いことを確認しながらしなければなりません。

ですが、なにも確認できないままにやっているとその逆の症状になってしまうことさえあります。

ストローク分析に来ていただいた方には無駄な練習や、やり過ぎにならないように確認する方法もお話ししますが、これがないとかなりの確率でやり過ぎになります。

ちょっと話がそれましたが、そういう練習を根気よく続けることで悪い癖はやっと直せます。ですので必ず理想のストロークをすることが再現性を高くする動きではないことは覚えておいてください。

ストローク分析では意識せずに上手くできているところを活かして、その動きを採用して真っ直ぐボールを打ちだすにはどうしたらいいかも考えていきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  2. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  3. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  4. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  5. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  6. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  7. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  8. つま先の向きを利用する

    2019.05.14

    つま先の向きを利用する

    これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。…

    つま先の向きを利用する
  9. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP