どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思います。

それは簡単で、意識せずにできる動きが本来再現性が高くなるストロークです。

ですが、自分には悪いと思っている動きがあって、その動きをしないように色々気をつけているとできたりできなかったり…このできたりできなかったりが再現性を低くすることになります。

このできたりできなかったりをほぼ毎回できるようにするまではかなりの練習が必要です。これは単純な練習で、それも誤った方法で無いことを確認しながらしなければなりません。

ですが、なにも確認できないままにやっているとその逆の症状になってしまうことさえあります。

ストローク分析に来ていただいた方には無駄な練習や、やり過ぎにならないように確認する方法もお話ししますが、これがないとかなりの確率でやり過ぎになります。

ちょっと話がそれましたが、そういう練習を根気よく続けることで悪い癖はやっと直せます。ですので必ず理想のストロークをすることが再現性を高くする動きではないことは覚えておいてください。

ストローク分析では意識せずに上手くできているところを活かして、その動きを採用して真っ直ぐボールを打ちだすにはどうしたらいいかも考えていきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…
  2. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  3. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  4. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?
  5. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  6. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  7. ”がっかり” してしまいました…

    2020.01.27

    ”がっかり” してしまいました…

    先日はがっかりしないことが次のホールに引きずらないために必要だという話を少し前にしましたが、先日…

    ”がっかり” してしまいました…
  8. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?
  9. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP