先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。

小さいので距離感が作れず、インパクトが強くなったり弱くなったり…。やはり小さいテークバックに良いことはありません。

この小さいテークバックをしている人はほぼ全員と言っていいくらい手打ちになってしまっています。手打ちが再現性高くできればいいのですが、なかなかそうならないのが手打ちです。

そこでそれは手打ちなんですよという話をしつつ、手打ちを極めるか、理想のストロークにトライするかを話し、理想のストローク(ショルダーストローク)にトライすることになりました。

ショルダーストロークは手を動かさない打ち方なので、すごく腹筋や背筋を使います。そうすると結構きついので、自然と適正なテークバックの幅になってきます。

まだゴルフを始めて5年くらいの方でしたので少しその打ち方でやってみるということになりました。変える頃にはストロークの軌道も安定して綺麗なアークを描いて転がりのきれいな球が出るようになりました。

やはりどうやるか知らないからできないだけで、それがわかればできる方はたくさんいます。

YouTube を見たりして極端なことをやってしまっている方がパットでもショットでも多く見受けられます。それで上手くいけばいいのですが、おかしなことになってしまっている方がたくさんいますので心当たりのある方は気をつけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  2. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  3. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  4. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  5. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…
  6. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ
  7. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  8. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  9. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP