先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。

小さいので距離感が作れず、インパクトが強くなったり弱くなったり…。やはり小さいテークバックに良いことはありません。

この小さいテークバックをしている人はほぼ全員と言っていいくらい手打ちになってしまっています。手打ちが再現性高くできればいいのですが、なかなかそうならないのが手打ちです。

そこでそれは手打ちなんですよという話をしつつ、手打ちを極めるか、理想のストロークにトライするかを話し、理想のストローク(ショルダーストローク)にトライすることになりました。

ショルダーストロークは手を動かさない打ち方なので、すごく腹筋や背筋を使います。そうすると結構きついので、自然と適正なテークバックの幅になってきます。

まだゴルフを始めて5年くらいの方でしたので少しその打ち方でやってみるということになりました。変える頃にはストロークの軌道も安定して綺麗なアークを描いて転がりのきれいな球が出るようになりました。

やはりどうやるか知らないからできないだけで、それがわかればできる方はたくさんいます。

YouTube を見たりして極端なことをやってしまっている方がパットでもショットでも多く見受けられます。それで上手くいけばいいのですが、おかしなことになってしまっている方がたくさんいますので心当たりのある方は気をつけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 練習でできることがコースでできない

    2020.02.13

    練習でできることがコースでできない

    ストローク分析をしにくる方で練習では完璧にできているのにコースに行くと同じようにできないという方…

    練習でできることがコースでできない
  2. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  3. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  4. 知っていればできることも

    2020.10.27

    知っていればできることも

    パッティングカウンセリングにいらっしゃる方で、かなり色々な知識を持っている方が結構います。…

    知っていればできることも
  5. 理想のストロークが入るわけではない

    2020.01.8

    理想のストロークが入るわけではない

    この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、ど…

    理想のストロークが入るわけではない
  6. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  7. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで
  8. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  9. 高麗グリーンで心掛けていること

    2020.09.18

    高麗グリーンで心掛けていること

    暑い時期に高麗グリーンになるコースが結構あります。高麗グリーンは色々な意味で難しいですよね…

    高麗グリーンで心掛けていること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP