先日ストローク分析をした方で、すごく簡単なことで色々な部分が改善できた人がいました。

それが表題に書いた「足の位置」です。この足の位置ですが、本当に微妙に変えるだけでストロークの色々なところに影響を与えます。

この方の場合少しクローズになる癖がありました。この癖には理由があって、ドライバーでボールのつかまりが悪いためにインサイドから振るために右足を引いていたとのことでした。

これが回転運動のショットではいい結果に結びついたのですが、パッティングではプッシュアウトする原因になってしまっていました。

ということで、インサイドに入り過ぎていたテークバックの軌道を真っ直ぐに近づけるべくスクエアになるように構えてもらいました。

そうするとインサイドに入る軌道は緩やかになり、テークバック終了時のフェースの開きも小さくなり、ボールもつかまるようになりました。ほんの親指の爪一つ分程度ですが、かなり大きな効果が出ました。

自分の体を動きやすくしたり、逆に動きにくくすることでストロークを修正することが結構できます。是非ストローク分析をして自分に最適な足の位置を見つけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  2. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2
  3. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする
  4. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  5. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  6. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  7. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  8. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  9. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP