先日ストローク分析をした方で、すごく簡単なことで色々な部分が改善できた人がいました。

それが表題に書いた「足の位置」です。この足の位置ですが、本当に微妙に変えるだけでストロークの色々なところに影響を与えます。

この方の場合少しクローズになる癖がありました。この癖には理由があって、ドライバーでボールのつかまりが悪いためにインサイドから振るために右足を引いていたとのことでした。

これが回転運動のショットではいい結果に結びついたのですが、パッティングではプッシュアウトする原因になってしまっていました。

ということで、インサイドに入り過ぎていたテークバックの軌道を真っ直ぐに近づけるべくスクエアになるように構えてもらいました。

そうするとインサイドに入る軌道は緩やかになり、テークバック終了時のフェースの開きも小さくなり、ボールもつかまるようになりました。ほんの親指の爪一つ分程度ですが、かなり大きな効果が出ました。

自分の体を動きやすくしたり、逆に動きにくくすることでストロークを修正することが結構できます。是非ストローク分析をして自分に最適な足の位置を見つけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  2. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  3. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  4. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  5. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  6. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  7. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  8. パッティングには自分に合ったストロークがある

    2019.07.18

    パッティングには自分に合ったストロークがある

    ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。カップまで転がす方法はかなりたくさん…

    パッティングには自分に合ったストロークがある
  9. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP