パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。

この再現性は色々試行錯誤しているときはもちろん下がってしまいます。

再現性が高い動きは無意識でできていることなので、やろうと思って一生懸命やっているうちは、なかなか安定しないです。

何度も何度も繰り返し同じ動きをすることでそれに違和感がなくなりやがて無意識にできるようになります。

ただいつまでも安定しないやり方は早めに見切りをつけることも重要です。

過去にイメージしながらやっていた動きがストロークに出ることはよくあります。これまでのことを紐解いていくとそれが何かは結構簡単にわかります。

それが悪い動きでなければいいのですがだいたい悪い動きの事が多いような気がします。

再現性を上げるにはその悪い癖を治すことが含まれる場合があるので、結構厄介ですし時間を要します。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アドレス時にヘッドを浮かせる

    2020.03.6

    アドレス時にヘッドを浮かせる

    アドレスの時にヘッドを地面から浮かせている人が結構います。その理由はこんな感じです。テー…

    アドレス時にヘッドを浮かせる
  2. ショートパットで何を気をつける?

    2019.08.16

    ショートパットで何を気をつける?

    以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり...です…

    ショートパットで何を気をつける?
  3. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  4. 「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    2020.05.13

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。パッ…

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識
  5. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  6. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  7. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  8. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  9. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP