人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の私はあまりラウンド中にがっかりを引きずったりしない方です。

ですが、やはり自分に厳しい人もいて、ミスが続くと解決するまでずっと練習する…。その練習をしながら何か答えが見いだせないとずっと気になってしまう…。

私の場合、今日が入らなくても「今日はそういう日だったな」とか、「次はうまくいくはず」なんて楽天的に考えてしまいます。

自分のミスの原因を知るために練習することは良いのですが、練習で求める結果が厳しくなり過ぎる事はさらに自分を苦しめることになります。

自分が求める練習成果が得られないとどんどん自信を失ってきてしまい、最後にはイップスになってしまうなんて言うこともあります。

ミスを減らすための練習は必要ですが、ミスを無くすことを目的にしてはいけません。たまにミスをしてしまうとがっかりしてそれまで上手くいっていて積み重ねた小さな自信が一瞬にして崩れていきます。

練習は必要ですが自信を無くすような厳しい目標は設定しないようにしてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  2. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる
  3. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  4. 決めて打った時は転がりも良い

    2020.01.28

    決めて打った時は転がりも良い

    先日のラウンドではどのラインに打つかしっかり決めて打てた時もあったし、そうではないときもありまし…

    決めて打った時は転がりも良い
  5. グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    2019.12.17

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    いつからこんなに増えてきたのでしょうか?来る人来る人グリッププレッシャーが弱いです。それで…

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…
  6. パッティングで大事なこと

    2019.11.8

    パッティングで大事なこと

    パッティングで大事なことを考えてみました。私が思うにパッティングで大事なのは前のミスを引き…

    パッティングで大事なこと
  7. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  8. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  9. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP