結構昔に購入した物ですが、いまだに練習に登場する機会があるのがヘッドスピード測定器です。

私が持っているのは YUPITERU GST-2 というモデルで、ヘッドスピードと飛距離の目安の数値が表示されます。

以前からパッティングで距離感の練習が効率よくできる練習器具がないか探していたのですが、ひょんなことで見つけました。

パッティングをさらにレベルアップするためにどんな練習をしたらいいか、ストローク分析にいらしていた Iさん と話している時にふと思いつきました。

早速 Iさん の記憶にも助けていただきながら、使用方法をネットで探してやってみました。

設定が8.8フィートのグリーンの想定なので、実際の距離よりは少し転がらない数値が出ますが、概ね使えそうなデータが出ました。

このヘッドスピード測定器は一時ずいぶん流行りましたから、持っている人も多いかと思います。是非探してやってみてください。

ボールを打つ方向にクッションとかを置いておけば、5mの感覚とか、10mの感覚などの練習ができます。これはなかなかいいのでお勧めです!PRGR の下の練習器でできると安くて良いですね。

PRGR(プロギア)日本正規品 マルチスピード測定器 19NEW RED EYES POCKET HS-120 (レッドアイズポケット2) 2019モデル 「ゴルフ練習用品」 【あす楽対応】
価格:6980円(税込、送料無料) (2020/2/2時点)楽天で購入

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  2. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  3. 真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    2020.03.16

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメ…

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない
  4. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  5. パターを変えるタイミング

    2019.11.22

    パターを変えるタイミング

    パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと…

    パターを変えるタイミング
  6. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  7. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  8. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  9. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP