一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあります。

気をつけることはなるべく一つのことに
その練習が正しいことを確認しながら練習できる
直そうとして反対側のミスにならないこと

これらができていないと最悪の事態はミスする練習になってしまいます。せっかくの練習がそんな結果になったらがっかりですよね。

なのでやろうとしていることのイメージの補助になる小道具を使って、やっていることが正しいことを確認しながらやるのをお勧めします。

そしてイメージを強く持って練習していると、そのうちにやりたい動きができるようになります。

ただそうなってからもずっとそのイメージを持ち続けると行き過ぎになることがあります。これは本当な何人も見て来ました。

ですのでやり過ぎにならないように確認できる工夫も必要になります。

  • コメント: 4

関連記事

  1. パターを変えるタイミング

    2019.11.22

    パターを変えるタイミング

    パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと…

    パターを変えるタイミング
  2. 知らないだけっていう人が多い

    2020.09.14

    知らないだけっていう人が多い

    パッティングの理想の動きはショルダーストロークだと考えています。脇から先はストローク中動か…

    知らないだけっていう人が多い
  3. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  4. パターのすわりの良し悪し

    2020.05.28

    パターのすわりの良し悪し

    このパターは構えにくい...って結構ありますよね。それに店頭で気がつけば同じモデルの他のパ…

    パターのすわりの良し悪し
  5. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  6. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚
  7. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  8. 打ちたい方向に構えているか?

    2020.07.17

    打ちたい方向に構えているか?

    ターゲットに向けてフェースの向きを決めたときにそこに向けられているかはそれほど重要ではないと思って…

    打ちたい方向に構えているか?
  9. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP