オフセンターヒットで起こっていることを考えてみました。

私の場合真ん中よりもトウ寄りで打つことが多いのですが、そうなった時に感じるのは「あ、引っかかったな」という感じです。

なぜこう感じるのかというと、パターの重心位置で打たないとヘッドの動きがぶれることになります。トウ寄りで打つとヘッドは開こうと(右に向こうと)します。

そうするとその動きに負けないようにヘッドを本能的にかえそうとするので、引っかかった感じになるということになります。

これはしっかりグリップを握っている人は起きにくいことですが、外す幅が大きいほどその動きは強くなります。

ですので、パターの芯(重心位置)で打つことは良い転がりの球を打つためにとっても重要なんです。

サイトラインとパターの重心位置が一致した TRUECoG シリーズは真ん中で(サイトラインの延長線上で)当たれば良い転がりが約束される多にはないパターです。

TRUECoG シリーズに関する詳しい情報は…
https://hillcrest.jp/truecog/

  • コメント: 1

関連記事

  1. 長尺パターを使ってみました

    2020.07.14

    長尺パターを使ってみました

    先日グリップを新しくして温存していた Scotty Cameron BIG SUR をラウンドで使…

    長尺パターを使ってみました
  2. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  3. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  4. 小学5年生のストロークは…

    2020.02.17

    小学5年生のストロークは…

    先日小学校5年生の男の子がパッティングストロークの分析に来てくれました。そこで大人とは違うな~と…

    小学5年生のストロークは…
  5. 知らないだけっていう人が多い

    2020.09.14

    知らないだけっていう人が多い

    パッティングの理想の動きはショルダーストロークだと考えています。脇から先はストローク中動か…

    知らないだけっていう人が多い
  6. 練習量が多すぎると…

    2020.10.1

    練習量が多すぎると…

    自分の悪いところや改善すべき点がわかると一生懸命練習して身につけようとします。器用な人はす…

    練習量が多すぎると…
  7. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚
  8. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  9. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP