オフセンターヒットで起こっていることを考えてみました。

私の場合真ん中よりもトウ寄りで打つことが多いのですが、そうなった時に感じるのは「あ、引っかかったな」という感じです。

なぜこう感じるのかというと、パターの重心位置で打たないとヘッドの動きがぶれることになります。トウ寄りで打つとヘッドは開こうと(右に向こうと)します。

そうするとその動きに負けないようにヘッドを本能的にかえそうとするので、引っかかった感じになるということになります。

これはしっかりグリップを握っている人は起きにくいことですが、外す幅が大きいほどその動きは強くなります。

ですので、パターの芯(重心位置)で打つことは良い転がりの球を打つためにとっても重要なんです。

サイトラインとパターの重心位置が一致した TRUECoG シリーズは真ん中で(サイトラインの延長線上で)当たれば良い転がりが約束される多にはないパターです。

TRUECoG シリーズに関する詳しい情報は…
https://hillcrest.jp/truecog/

  • コメント: 0

関連記事

  1. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  2. パッティングで重要視すべきこと

    2020.06.5

    パッティングで重要視すべきこと

    先日いらしていただいた方に話した内容です。大事な話ですので是非最後までご覧ください。パッテ…

    パッティングで重要視すべきこと
  3. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  4. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  5. 数値を見る際の注意

    2019.07.23

    数値を見る際の注意

    パッティングストロークの分析をすると様々な数値が出てきます。今までわからなかった自分の動き…

    数値を見る際の注意
  6. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  7. 体が浮くとプッシュアウト

    2019.12.9

    体が浮くとプッシュアウト

    先日のラウンドで気が付いたことがありますのでちょっとお話しします。少し速めのグリーンだった…

    体が浮くとプッシュアウト
  8. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  9. アマラインに外れてませんか?

    2019.03.28

    アマラインに外れてませんか?

    先日のラウンドで思ったことなのですが、アマラインにばかり外れる人がいました。アマラインとい…

    アマラインに外れてませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP