パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。

でもそれってもしかしたらパッティングは悪くなかったかもしれません。でもパッティングが悪かったと思ってしまうのはなぜか?

多分それは「それを入れたい」と思う度合いが強いほど入らなかった時にがっかりする度合いも大きくなります。めったに訪れないバーディーチャンス…2mの軽いフックライン、でもこれをアマラインに外してただのパー。逆にがっついて強く打ち過ぎて3パットのボギー…。

なんてことがあると、残念過ぎてパッティングが悪かったと思ってしまいがちです。

2mの曲がるラインが入る確率がどのくらいか考えてみれば、入れたいのはわかりますが入らなくてもしょうがない距離だと思います。

パーオンしないでアプローチで2mに寄せて入れればパー。でも外してボギー…。こんな時もパッティングの結果にがっかりしますよね。でもこれってアプローチが1mによっていれば確率はもっと上がります。ということはアプローチが2mにしか寄らなかったことがミスということになります。

もっと言えばパーオンしなかったことがミスということにもなります。こうやって考えると「本当にパッティングが悪かったのか?」を冷静に考えたら引きずらなくてすむような気がします。

自分はもちろん入れたいと思いますが、入らなくてもしょうがないなとも思いながらラウンドしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングで大事なこと

    2019.11.8

    パッティングで大事なこと

    パッティングで大事なことを考えてみました。私が思うにパッティングで大事なのは前のミスを引き…

    パッティングで大事なこと
  2. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉
  3. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム
  4. 素振り通りに打てない

    2020.04.3

    素振り通りに打てない

    ストローク分析をしていると、素振りは綺麗に振れるのにいざボールを打つとなるとすっかり変わってしま…

    素振り通りに打てない
  5. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック
  6. 真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    2020.03.16

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメ…

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない
  7. 下りのパットは思ったより曲がらない

    2019.07.29

    下りのパットは思ったより曲がらない

    ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。ファ…

    下りのパットは思ったより曲がらない
  8. パターは嗜好品なので

    2019.09.19

    パターは嗜好品なので

    ラウンド中一番使う回数が多いパターは持っていてやる気が出るとか、その気になれるパターを使いたいです…

    パターは嗜好品なので
  9. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP