自分に決まった動きが無い方に勧めているのがこの動きです。

これってどんな動きなのかわかりにくいと思いますが、結局は「体で動いて手を使わない」ようにすればこうなります。

手で動かしている人はパターは何を使っても同じ軌道になります。必ず同じ軌道になるかというと視覚効果とか、思い込みでなる場合もありますが、基本的な動きの傾向は同じになる場合がほとんどです。

パターのよっては動こうとする方向は同じなのですが、その度合いが異なります。

全てのパターはフェースが開く方向に動こうとします。その度合いがパターの性質で変わるだけです。ですので、動こうとするがままに動けばそのパターに最適な動きになるということになります。

ということでパターは「動きたい方向に動かす」という表現をしています。

ですので、マレットからPING型に変わったからと言ってフェースを開いて閉じてという動きにしなければならないということではなく、自然に任せていればそうなるということになります。

決して自分の手の動きでやろうとしないでください!

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    2019.09.26

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決ま…

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる
  2. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  3. 理想のストロークが入るわけではない

    2020.01.8

    理想のストロークが入るわけではない

    この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、ど…

    理想のストロークが入るわけではない
  4. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  5. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  6. 自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    2018.06.7

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    市販されているパターの長さは女性用は32インチ。男性用は33インチ、34インチに加えて35インチもラ…

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2
  7. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  8. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  9. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP