ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあります。

プロやトップアマの方の分析をすることもありますが、問題点を明確にすることだけを考えてやることを考えます。

ですので、調子が良いときのストロークデータを取っておくことをお勧めしています。問題があるから分析するのではなく、悪い時にどこが変わってしまっているのか?を考える材料を蓄積するわけです。

ですので、細かい数値は分析する人が見て、いいときよりも速くなっているとか、そういう表現で伝えられることが重要です。

具体的にそこを改善するためにどんな意識でやるとなりやすいのか?のヒントを出すだけで、そうなるための方法は基本的には自分で考えてもらえるほうが、その後の再現性が上がる場合が多いです。

ですので、最近では当たり前になっているスイングのスロー動画での分析は、デメリットが多いと思っています。連続の動作を一瞬で語っているわけですから、その一瞬を意識しようとしても改善できないということです。

ですので、パッティングのストローク分析でもあまり複雑な数値や項目に惑わされず、シンプルに考えられたほうが良いと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  2. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  3. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  4. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  5. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  6. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  7. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  8. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  9. パターは嗜好品なので

    2019.09.19

    パターは嗜好品なので

    ラウンド中一番使う回数が多いパターは持っていてやる気が出るとか、その気になれるパターを使いたいです…

    パターは嗜好品なので

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP