ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあります。

プロやトップアマの方の分析をすることもありますが、問題点を明確にすることだけを考えてやることを考えます。

ですので、調子が良いときのストロークデータを取っておくことをお勧めしています。問題があるから分析するのではなく、悪い時にどこが変わってしまっているのか?を考える材料を蓄積するわけです。

ですので、細かい数値は分析する人が見て、いいときよりも速くなっているとか、そういう表現で伝えられることが重要です。

具体的にそこを改善するためにどんな意識でやるとなりやすいのか?のヒントを出すだけで、そうなるための方法は基本的には自分で考えてもらえるほうが、その後の再現性が上がる場合が多いです。

ですので、最近では当たり前になっているスイングのスロー動画での分析は、デメリットが多いと思っています。連続の動作を一瞬で語っているわけですから、その一瞬を意識しようとしても改善できないということです。

ですので、パッティングのストローク分析でもあまり複雑な数値や項目に惑わされず、シンプルに考えられたほうが良いと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  2. VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 1

    2020.12.8

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 1

    少し程度が良くないので安く売られていた PING VAULT 2.0 DALE ANSER を手に…

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 1
  3. ARMLOCK 用のグリップ

    2021.02.19

    ARMLOCK 用のグリップ

    ARMLOCK パター作成用に使うグリップですがやはり少し長めでないとダメなので、それほど選択肢は…

    ARMLOCK 用のグリップ
  4. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  5. しゃがんでラインを読む

    2021.05.28

    しゃがんでラインを読む

    グリーンでのラインの読み方は色々なやり方があります。これまでは立ったまま見るだけだったので…

    しゃがんでラインを読む
  6. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  7. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  8. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?
  9. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP