先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書いておきます。

最初に言っておきますが、しっかりがっかりしてその後のパッティングにがっかりしたことがエネルギーになる方もいます。そういう人は今回の話は当てはまりませんので…。

例えば入ると嬉しい1.5mとか2mの時の話です。1.5mとか2mというと結構近いので入れたいですよね。でも真っ直ぐなラインはほとんどありませんし、グリーンのコンディションも良いときばかりではありません。

ですので、この距離はもちろん入れたいと思ってパッティングしますが、入らなくてもそんなに悔やむ話ではないと考えるようにしています。

ラインを読み違えたことも考えられますし、直しきれなかったディボット痕があったりして入らなかったのかもしれません。

読みが間違ったら悪かったのはストロークではなく読みが悪かったと思うことです。思った通りに打ち出せたのにボールが変な動きをしたのならグリーンが悪かったと思うことです。

私はそうやって自分のパッティングストロークを否定しないようにする考え方をしようと思っています。

右に外したから次は左に外す…これではゴルフになりません。前のホールを引きずらずに自分のいつものストロークに集中できるようにすることが、ストレスを残さずパッティングをする秘訣だと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  2. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  3. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  4. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  5. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  6. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  7. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  8. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  9. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP