パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、再現性も高くなり転がりも良くなると思います。

ただすべての人にとってその動きがベストかというとそうでもないです。自分がやろうと思っているストローク(その人の中での理想のストローク)と、実際にそうやっていると思ってやっているストロークがどのくらい違うのか?

それは人が見たらわかるほど違うのに、自分ではそうやっていると思い込んでいる…。それが一番怖い状況ですね。ですので、ストローク分析をしていただくとそうなっていないという事実を目の当たりにしてびっくりされる方が多いです。

ですが、そうであっても結果が入っていれば問題ないので、わざわざやろうと思ってできないストロークを更に追及する必要はないのではないかと思います。

ただ思っていたストロークと違うことがわかると、こんな時にこんなミスが出るのはこれが原因だったのだとわかることがあります。

ですので、やろうとしていることと、実際にやっていることとのギャップを知ることで得ることはかなりあるわけです。

  • コメント: 2

関連記事

  1. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  2. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  3. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  4. 決めて打った時は転がりも良い

    2020.01.28

    決めて打った時は転がりも良い

    先日のラウンドではどのラインに打つかしっかり決めて打てた時もあったし、そうではないときもありまし…

    決めて打った時は転がりも良い
  5. なぜショートパットが難しいか? Part 2

    2020.05.8

    なぜショートパットが難しいか? Part 2

    先日読み始めた本に、確かにそういうこともあるかもしれないなという記述があったのでちょっと触れておき…

    なぜショートパットが難しいか? Part 2
  6. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  7. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  8. フェースミーリングでここまで…

    2020.06.2

    フェースミーリングでここまで…

    先日 ANSERFREAK でレポートした PING VAULT 2.0 DALE ANSER 打…

    フェースミーリングでここまで…
  9. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP