ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避できるミスもたくさんあります。

それはさまざまな状況で起こる場合が多いです。フックライン、スライスライン、上り、下り、どうしても入れたい、風がある、下りを残したくない…等々、パターンをあげたらキリが無いほどです。

でもどんな状況になった時にどうなりやすいかを知っていることで、対処の方法を見つけることができます。

私もホームコースを持つようになってスコアを出したいと思った時に、いろいろなことを試みました。スコアカードを2枚もってその日のショットの内容まで書いていたこともあります。

パットに関してはどんな状況の時にどんなミスが出たかを書いていた時期があります。それをまとめることでこういう状況の時にはここを気をつけるというのを思い出すようにしました。

それをするようになってからはいつも出るミスはかなり出にくくなった印象です。

その後計測機器で自分の動きを知ることで、「これはそういうミスが出るな」ということが理解できました。その理解でよりミスが出にくくなったのは間違いありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  2. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  3. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  4. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  5. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  6. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  7. 左目の下にボールは絶対か?

    2019.12.2

    左目の下にボールは絶対か?

    アドレスで左目の下にボールがあると良いということを知っている方は結構いらっしゃいます。ただ…

    左目の下にボールは絶対か?
  8. Golf Today にちょっとだけ登場してます

    2020.01.21

    Golf Today にちょっとだけ登場してます

    今日はちょっと告知です。発売になって少し時間がたちましたが、Golf Today…

    Golf Today にちょっとだけ登場してます
  9. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP