この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、どうなるのが良いストロークなのかをすごく気にされます。

プロは打つときにこうなっているとか、プロはリズムがどうなっているとか…。

プロと同じ打ち方をしたらプロのように入るようになるのなら、それはみんなその打ち方を練習すればいいのですが、それを目指すばかりに逆に入らなくなることは多々あります。

それはある一部分を修正してもそれ以外の部分でつじつまが合わなくなってしまうという現象です。

またそれをやるためにすごく色々な意識をしなければならないとなると、それはもう自分がやり易い動きとは全く違うものになってしまいます。

その意識が無意識になってもできるようになるためには相当な反復練習が必要になります。それができるようになったとしても、「昔の悪い癖が…」という状況になってしまう人は結構います。

今安定してできていることを壊してまで、綺麗な打ち方をすることはより入らなくなる確率が高いことをわかっていただきたいですね。

以前も話しましたが、自分の自然な動きがわかっていればミスした時にどうしてかの推測が簡単にできます。

とにかくいつも同じ動きができることがパッティングでは一番重要なポイントになることは間違いありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?
  2. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  3. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  4. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  5. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  6. 入れたいパットを入れるために必要なこと

    2019.05.20

    入れたいパットを入れるために必要なこと

    最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色…

    入れたいパットを入れるために必要なこと
  7. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  8. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  9. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP