ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりしてしまうことがあります。

こんな時は早めにリセットすることが必要になります。

リセットの方法は人それぞれあったやり方があるかと思いますが、私の場合は狙う方向を決めてアドレスに入ったら考えるのは「いつものストロークをする」ことに集中します。

それまでのミスは忘れてリズム良くストロークすることだけを考えます。

右に外したから次は右に行かないようにとか、その逆とかを考え始めるとミスは両方になってしまいます。

以前から分析に来られた方にはいつも言っていることなのですが、ゴルフはある程度図々しくなることが必要なスポーツです。

どういうことかというと、さっきのミスは「たまたまだったんだ」とか、「グリーンが悪かった」とか思って自分を責めないことです。

そうすることでいつも平常心で打つことができる確率が増えるような気がします。

よく言うことですがラウンドはスコアを出す場であり、その場でスイングやストロークでいつもと違うことをやる場ではないということです。

自分がやってきたことを最後まで貫いてみることも結構重要なことです。

今日の更新で今年の更新は終了となります。お付き合いありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願いいたします!

  • コメント: 0

関連記事

  1. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  2. つま先の向きを利用する

    2019.05.14

    つま先の向きを利用する

    これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。…

    つま先の向きを利用する
  3. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  4. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  5. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  6. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  7. どうも構えづらいという人が多いです

    2019.07.8

    どうも構えづらいという人が多いです

    ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。…

    どうも構えづらいという人が多いです
  8. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  9. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP