ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりしてしまうことがあります。

こんな時は早めにリセットすることが必要になります。

リセットの方法は人それぞれあったやり方があるかと思いますが、私の場合は狙う方向を決めてアドレスに入ったら考えるのは「いつものストロークをする」ことに集中します。

それまでのミスは忘れてリズム良くストロークすることだけを考えます。

右に外したから次は右に行かないようにとか、その逆とかを考え始めるとミスは両方になってしまいます。

以前から分析に来られた方にはいつも言っていることなのですが、ゴルフはある程度図々しくなることが必要なスポーツです。

どういうことかというと、さっきのミスは「たまたまだったんだ」とか、「グリーンが悪かった」とか思って自分を責めないことです。

そうすることでいつも平常心で打つことができる確率が増えるような気がします。

よく言うことですがラウンドはスコアを出す場であり、その場でスイングやストロークでいつもと違うことをやる場ではないということです。

自分がやってきたことを最後まで貫いてみることも結構重要なことです。

今日の更新で今年の更新は終了となります。お付き合いありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願いいたします!

  • コメント: 0

関連記事

  1. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  2. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  3. やっぱり引っかかる

    2019.09.18

    やっぱり引っかかる

    先日久しぶりに Scotty Cameron の 009 を使って感じたことがあります。し…

    やっぱり引っかかる
  4. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  5. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  6. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  7. ショートパットで何を気をつける?

    2019.08.16

    ショートパットで何を気をつける?

    以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり...です…

    ショートパットで何を気をつける?
  8. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  9. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP