ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりしてしまうことがあります。

こんな時は早めにリセットすることが必要になります。

リセットの方法は人それぞれあったやり方があるかと思いますが、私の場合は狙う方向を決めてアドレスに入ったら考えるのは「いつものストロークをする」ことに集中します。

それまでのミスは忘れてリズム良くストロークすることだけを考えます。

右に外したから次は右に行かないようにとか、その逆とかを考え始めるとミスは両方になってしまいます。

以前から分析に来られた方にはいつも言っていることなのですが、ゴルフはある程度図々しくなることが必要なスポーツです。

どういうことかというと、さっきのミスは「たまたまだったんだ」とか、「グリーンが悪かった」とか思って自分を責めないことです。

そうすることでいつも平常心で打つことができる確率が増えるような気がします。

よく言うことですがラウンドはスコアを出す場であり、その場でスイングやストロークでいつもと違うことをやる場ではないということです。

自分がやってきたことを最後まで貫いてみることも結構重要なことです。

今日の更新で今年の更新は終了となります。お付き合いありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願いいたします!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 実験の条件を検討中

    2019.04.5

    実験の条件を検討中

    ヘッドはウェイトが変えられる Scotty Cameron NEWPORT、シャフトは ATTAS…

    実験の条件を検討中
  2. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  3. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  4. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  5. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  6. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  7. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  8. STABILITY Shaft 実験1

    2019.06.13

    STABILITY Shaft 実験1

    先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々な…

    STABILITY Shaft 実験1
  9. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP