パターに傷がついてがっかりすることって結構ありますよね。

それがセルフプレーでは起きないのにキャディさんがいるゴルフ場で起こったりすることもあります。

気をつかってカバーを外して渡してくれるキャディさんもいるのですが、最後にみんなの物を預かってカチカチ当たる音が聞こえてきて焦ったりもします。

こういう時はカバーがついたまま渡してくださいと最初にお願いして、外したカバーをまたキャディさんに預けるのも気が引けるので、自分のポケットに入れておきます。

カバーをつけたまま渡してくれって言って取ったカバーをグリーンの外に投げて置く人もいたりしますが、それを見たキャディさんが拾いにいったりして…。

ヘッドのためにはカバーはついていた方が傷がつきにくくなります。最近はポケットに入れられないデザインのパターカバーにキャッチャーをつけたりもできますので、そういうのも利用すると良いですね。

自分がどれだけパターを大事にしているかなかなか伝えるのは難しいです。やはりそういう時は最初に宣言するのが良いと思います。

自分がつけた傷はあきらめもつきますが、知らないうちについていたり傷がついた原因が自分ではなかったりすると、急に愛着が無くなったりしてしまうこともあるほどなので、なるべくそうならない対策はしておきたいですね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 易しいパターって何だろう?

    2020.03.30

    易しいパターって何だろう?

    易しいパターの定義はなかなか難しく、その人の弱点をカバーしてくれるものが易しいパターということにな…

    易しいパターって何だろう?
  2. パターは嗜好品なので

    2019.09.19

    パターは嗜好品なので

    ラウンド中一番使う回数が多いパターは持っていてやる気が出るとか、その気になれるパターを使いたいです…

    パターは嗜好品なので
  3. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  4. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  5. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  6. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  7. グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    2019.12.17

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    いつからこんなに増えてきたのでしょうか?来る人来る人グリッププレッシャーが弱いです。それで…

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…
  8. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  9. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP