パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。

ただバランスがいくつだから打ち易いとか打ちにくいと言う感覚はあまり当てにならないと考えています。

同じヘッド重量で同じ長さでも、グリップが変わればヘッドの感じ方は変わります。ここで困るのはグリップには色々な形状があって太いのに軽かったり、形が特殊だとかなり感じ方が変わります。

ヘッド重量と長さが変わらずに、グリップ重量が同じであれば基本的には同じようなバランスになります。

ですが太いグリップはかなりヘッドの重さを感じなくなります。中にはバランスが変わらないと言う先入観から何も感じないと言う人もいますが、変わったと言う人は結構いらっしゃいます。

その感覚に慣れられる人であればそのままでいいと思うのですが、私の場合太いグリップになったときはヘッド重量をかなり重くしないと同じ感覚で振れるようになりませんでした。

ですので、バランスというのはパターの場合あまりあてになる数値ではないと思います。

これはグリップだけではなく最近流行りの STABILITY シャフトでも感覚が変わりますので注意が必要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  2. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  3. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  4. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  5. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  6. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  7. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  8. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  9. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP