今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします。

市販の T22 との違いも色々ありましたのでご覧ください。

T22はTeI3の復刻でウェイト交換ができる形で復活しました。インサートにはテリリウム素材が使われ独特の打感が売りのパターで、タイガーも一時使っていました。

今回は復刻した T22 のツアー支給品で細部にわたって違っています。

バックフェース側から見るとフリンジに “FOR TOUR” “USE ONLY” と入ります。市販品は何も入っていません。

そしてネックに入る文字も文字の向きが違っていますね。

ソールのデザインも全然違いますね。

そして市販品と違うのはサイトラインではなくサイトドットになっていること。

フェース面側から見るとヒールに入る TeI3 のところにサークルTが入っていて、ネックにあるはずの Titleist が入っていません。

ただヘッド形状に関しては違いは見つかりませんでした。トップブレードが厚くなっていたり、研磨が違っていたりすることもあるのですが、そういう違いはありませんでした。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シャットにテークバックする意識

    2019.09.13

    シャットにテークバックする意識

    ストローク分析にこられた方にはよく言うのが、「シャットにあげる意識」です。シャットにあげよ…

    シャットにテークバックする意識
  2. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?
  3. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  4. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  5. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  6. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  7. つま先の向きを利用する

    2019.05.14

    つま先の向きを利用する

    これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。…

    つま先の向きを利用する
  8. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  9. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP