最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。

転がりが良いグリーンはやはり切れる幅も少なくなるような気がします。特に下りの速いパットなどは曲がりがかなり少ないです。

と思って弱く打つと結構曲がったりするので難しいですね。とにかくグリーンが速い時は上りのパットを残すことが重要になってきます。

上からでも薄めに読んでしっかり打てればいいのですが、曲がるラインは距離を合わせたら曲がり幅を普通より少しだけ薄めにする感じで良さそうです。

逆に速いグリーンの上りのパットはしっかり打つなら薄めに読んで、距離を合わせるなら止まり際は結構曲がるので少しそれよりも厚くする感じで良さそうです。

この感覚がラウンド前の練習グリーンでつかめると良いんですけどね…。なかなか本番のグリーンのようなアンジュレーションが練習グリーンにはないことが多いので難しいです。

ですがこの自分なりの感覚をつかめればあとはあまり迷いなく打つことができます。とにかくパッティングは決めないで打つことが一番ダメです。

そこに打つと決めて距離感、曲がり幅が読みと違えばそれはしょうがないことなので、諦めがつきますよね。決めないで打つと何が悪かったかがわからなくなってしまいます。

  • コメント: 3

関連記事

  1. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て
  2. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  3. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  4. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  5. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  6. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  7. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所
  8. VISIO PUTTING LASER

    2020.04.7

    VISIO PUTTING LASER

    先日導入した Precision Laboratory の CAPTO ですが、そのセットに含ま…

    VISIO PUTTING LASER
  9. どうして体が浮くのか?

    2019.12.10

    どうして体が浮くのか?

    昨日お話しした体が浮く問題についてもう少し考えてみました。どうして体が浮くんですかね?精神…

    どうして体が浮くのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP