最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。

転がりが良いグリーンはやはり切れる幅も少なくなるような気がします。特に下りの速いパットなどは曲がりがかなり少ないです。

と思って弱く打つと結構曲がったりするので難しいですね。とにかくグリーンが速い時は上りのパットを残すことが重要になってきます。

上からでも薄めに読んでしっかり打てればいいのですが、曲がるラインは距離を合わせたら曲がり幅を普通より少しだけ薄めにする感じで良さそうです。

逆に速いグリーンの上りのパットはしっかり打つなら薄めに読んで、距離を合わせるなら止まり際は結構曲がるので少しそれよりも厚くする感じで良さそうです。

この感覚がラウンド前の練習グリーンでつかめると良いんですけどね…。なかなか本番のグリーンのようなアンジュレーションが練習グリーンにはないことが多いので難しいです。

ですがこの自分なりの感覚をつかめればあとはあまり迷いなく打つことができます。とにかくパッティングは決めないで打つことが一番ダメです。

そこに打つと決めて距離感、曲がり幅が読みと違えばそれはしょうがないことなので、諦めがつきますよね。決めないで打つと何が悪かったかがわからなくなってしまいます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. テークバックで揺れる原因

    2019.10.8

    テークバックで揺れる原因

    先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。テークバ…

    テークバックで揺れる原因
  2. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある
  3. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  4. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  5. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  6. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  7. バランスを合わせる?

    2019.12.13

    バランスを合わせる?

    パターのバランスをどうしたらいいか?という質問をよく聞きます。パターに数値的なバランスの概…

    バランスを合わせる?
  8. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  9. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP