以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話しします。

ここのところパターの調整の依頼をたくさんいただいており、調整後に「打ちやすくなった」とか、「構えに迷いがなくなった」とか、「転がりが良くなった」といっていただいています。

なぜそうなるかはそれぞれ理由が細かくあるのですが、合わないスペックのパターでやっていると打つ以前に真っ直ぐに向けられなかったり、ロフトが出過ぎてしまったり、芯で打てないなどの悪影響が出てしまいます。

これを自分のやりたいようにやれない状態でやらなければならなくなるので、再現性の高い動きもできなくなってしまいます。

この部分が自分の動きに適した状態にできれば、再現性の高い動きもある程度できる用意ができたことになります。

まずはストローク分析を受けていただき、本来の自分がしたい構え、動きなどを理解した上でロフトとライ角の調整をされることをお勧めします!

パッティングストローク分析は今月もお得なキャンペーン価格で提供しています。

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

ご予約お待ちしております!

  • コメント: 0

関連記事

  1. ライ角が合っていないと

    2020.08.13

    ライ角が合っていないと

    アドレス時のライ角が合っていないとフェースの向きが合わせにくくなります。その主な原因はパタ…

    ライ角が合っていないと
  2. シャットにテークバックする意識

    2019.09.13

    シャットにテークバックする意識

    ストローク分析にこられた方にはよく言うのが、「シャットにあげる意識」です。シャットにあげよ…

    シャットにテークバックする意識
  3. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  4. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  5. なんか構えにくい…の原因は

    2020.02.21

    なんか構えにくい…の原因は

    こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい...という相談をよく受けま…

    なんか構えにくい…の原因は
  6. 膝の位置が変わらない意識

    2019.07.30

    膝の位置が変わらない意識

    私もそうなのですがフォワードストロークの際に右膝が動いてしまうことがあります。右膝が動くと…

    膝の位置が変わらない意識
  7. 数値を見る際の注意

    2019.07.23

    数値を見る際の注意

    パッティングストロークの分析をすると様々な数値が出てきます。今までわからなかった自分の動き…

    数値を見る際の注意
  8. グリーンエッジからのパッティング

    2019.05.10

    グリーンエッジからのパッティング

    転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。アプローチのミスよりも明…

    グリーンエッジからのパッティング
  9. muziik DRY COMPOUND RUBBER GRIP FOR LONG PUTTER

    2020.07.6

    muziik DRY COMPOUND RUBBER GRIP FOR…

    ちょっと考えるところがあって以前使っていた長尺パターをもう一度使ってみようと思っています。…

    muziik DRY COMPOUND RUBBER GRIP FOR LONG PUTTER

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP