以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話しします。

ここのところパターの調整の依頼をたくさんいただいており、調整後に「打ちやすくなった」とか、「構えに迷いがなくなった」とか、「転がりが良くなった」といっていただいています。

なぜそうなるかはそれぞれ理由が細かくあるのですが、合わないスペックのパターでやっていると打つ以前に真っ直ぐに向けられなかったり、ロフトが出過ぎてしまったり、芯で打てないなどの悪影響が出てしまいます。

これを自分のやりたいようにやれない状態でやらなければならなくなるので、再現性の高い動きもできなくなってしまいます。

この部分が自分の動きに適した状態にできれば、再現性の高い動きもある程度できる用意ができたことになります。

まずはストローク分析を受けていただき、本来の自分がしたい構え、動きなどを理解した上でロフトとライ角の調整をされることをお勧めします!

パッティングストローク分析は今月もお得なキャンペーン価格で提供しています。

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

ご予約お待ちしております!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 外れてガッカリしないために

    2020.01.20

    外れてガッカリしないために

    先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書…

    外れてガッカリしないために
  2. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…
  3. パターのすわりの良し悪し

    2020.05.28

    パターのすわりの良し悪し

    このパターは構えにくい...って結構ありますよね。それに店頭で気がつけば同じモデルの他のパ…

    パターのすわりの良し悪し
  4. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  5. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  6. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  7. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  8. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  9. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP