以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話しします。

ここのところパターの調整の依頼をたくさんいただいており、調整後に「打ちやすくなった」とか、「構えに迷いがなくなった」とか、「転がりが良くなった」といっていただいています。

なぜそうなるかはそれぞれ理由が細かくあるのですが、合わないスペックのパターでやっていると打つ以前に真っ直ぐに向けられなかったり、ロフトが出過ぎてしまったり、芯で打てないなどの悪影響が出てしまいます。

これを自分のやりたいようにやれない状態でやらなければならなくなるので、再現性の高い動きもできなくなってしまいます。

この部分が自分の動きに適した状態にできれば、再現性の高い動きもある程度できる用意ができたことになります。

まずはストローク分析を受けていただき、本来の自分がしたい構え、動きなどを理解した上でロフトとライ角の調整をされることをお勧めします!

パッティングストローク分析は今月もお得なキャンペーン価格で提供しています。

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

ご予約お待ちしております!

  • コメント: 0

関連記事

  1. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?
  2. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  3. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  4. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  5. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  6. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  7. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  8. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  9. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP