パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと思われるパターでその癖をつけて元に戻るということを続けています。

そのまま変わってしまうこともあったのですが、PING型を使うようになってからは使ってみてもすぐに戻るということになっています。

ですが気に入ったら戻る必要もないわけで、今できないこんなことが安定してできそうなパターだと思って使ってみたらそのまま使えば良いと思います。

ですので、パターはなんだか飽きてしまったからという理由でも良いですが、何か今後のパッティング力のアップのためになるものにしてみるのも良いですよね。

例えばフェースローテーションを使いすぎる人が Toe Up パターを使ったり、Edel のパターを使うのも良いと思います。

しばらく使ってフェースを手を使って開いている癖が無くなったら元に戻ればいいわけです。

パターをよく変える人は色々なものを使うのが楽しいというのもありますが、ちょっとしたミスの連続でそのパターへの信頼感が無くなってしまった時ってことが結構あるみたいです。

私もエースパターを悪い環境で使って悪い印象をつけたくないと思っています。ですので、雨、風の日は使いたくないなんて思ったりします。

話がそれましたがパターは今できない何かがこれならできると感じられるパターが見つかったらしてみるのも良いと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  2. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  3. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  4. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  5. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  6. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  7. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  8. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  9. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP