最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。

以前も言いましたが普通に打つ時に小さいテークバックで良いことはあまりありません。

「あまりありません」と言ったのは極まれにその動きで再現性高くできている人もいるからという意味です。

テークバックが小さいと距離感の調整が難しくなり、ショートしたりオーバーしたりということが多くなります。

インパクトの強さで距離を調整しなければならないので距離があるときはかなりの力を入れないと飛んでいかないことになります。

ですので時には力が入れきれずにショート、強く当てすぎてオーバーなんていうことになります。

これはもちろん普通のテークバック幅の人でも起こることなのですが、見ているとテークバックが小さい偏りはイメージが作りやすいのでそこまでひどい距離感の方はいらっしゃいません。

「テークバックを小さくしてフォローで飛ばす」なんて言っている人が結構いますが、その動きでうまく調整できている方をほとんど見た事がありません。

  • コメント: 7

関連記事

  1. どうも構えづらいという人が多いです

    2019.07.8

    どうも構えづらいという人が多いです

    ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。…

    どうも構えづらいという人が多いです
  2. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  3. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  4. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  5. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係
  6. ショットの傾向がパッティングに…

    2019.12.5

    ショットの傾向がパッティングに…

    ショットで出ているミスと同じ作用機序でパッティングが出ているというのはよくある話です。パッ…

    ショットの傾向がパッティングに…
  7. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境
  8. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  9. 家でパター練習は退屈ですが…

    2020.04.23

    家でパター練習は退屈ですが…

    「STAY HOME」の状況が続いているので、家でパター練習をしてみたのですが、効率の良い練習と…

    家でパター練習は退屈ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP