最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。

以前も言いましたが普通に打つ時に小さいテークバックで良いことはあまりありません。

「あまりありません」と言ったのは極まれにその動きで再現性高くできている人もいるからという意味です。

テークバックが小さいと距離感の調整が難しくなり、ショートしたりオーバーしたりということが多くなります。

インパクトの強さで距離を調整しなければならないので距離があるときはかなりの力を入れないと飛んでいかないことになります。

ですので時には力が入れきれずにショート、強く当てすぎてオーバーなんていうことになります。

これはもちろん普通のテークバック幅の人でも起こることなのですが、見ているとテークバックが小さい偏りはイメージが作りやすいのでそこまでひどい距離感の方はいらっしゃいません。

「テークバックを小さくしてフォローで飛ばす」なんて言っている人が結構いますが、その動きでうまく調整できている方をほとんど見た事がありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  2. 速いグリーンでショートする

    2019.06.18

    速いグリーンでショートする

    普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。最初のパッティングの…

    速いグリーンでショートする
  3. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  4. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  5. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  6. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  7. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  8. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  9. ライ角調整と打ち出し方向

    2019.05.28

    ライ角調整と打ち出し方向

    パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得してい…

    ライ角調整と打ち出し方向

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP