パッティングストロークの分析にいらして「本当はカッコイイPING型を使いたいんですけど難しい感じがするんですよね」という声をよく聞きます。

本当にPING型が難しいのか?そう思わせる要素はいくつかあります。

一番の要因になっているのがフェースをターゲットに合わせるのがマレット型等よりも難しい。これはやはりヘッドのすわりによるものです。やはり接地面積が大きければ置いただけでターゲットに向きやすくなっています。

PING型は幅が無いのでちょっとしたライ角の違いによってそういうことを感じる要素になります。実際ヒールが浮いていたり、トウが浮いていたりするとフェースは真っ直ぐ向けにくくなります。

もう一つの難しいと感じさせる要因になっているのはやはりミスヒット時の許容度の差ですね。これが良いことなのかどうかわかりませんが、大型ヘッドは多少芯を外しても転がってくれます。

PING型の場合はミスヒットすると距離のロスや方向のミスにつながる度合いが大きくなります。

PING型が良いと思う人の中にはこの良いところに当たった時と、そうでないときの違いを感じることができるので良いという人が結構います。

そうするとしっかり芯で当てようと思って打てるので私も良いと思っています。カッコイイと思うパターを使ってゴルフする方が楽しいですよ!といつも言っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚
  2. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2
  3. ウェイトの交換で重心は動くのか?

    2019.02.5

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

    Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験を…

    ウェイトの交換で重心は動くのか?
  4. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  5. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  6. スタンスの向きを変えて軌道を修正

    2019.09.3

    スタンスの向きを変えて軌道を修正

    一般的にオープンスタンスの人はアウトサイドイン、クローズドスタンスの人はインサイドアウトの軌道にな…

    スタンスの向きを変えて軌道を修正
  7. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  8. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  9. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP