先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。

ただフェースの向きが少しオープン気味になることがあるので、悪いときにはアウトサイドインに少しだけなってしまいます。

最初に打っていただきながらのヒアリングでもなるべくフェースの開閉をしないイメージで、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出す意識でやっているとおっしゃっていました。

出てきたデータはまさにその通り。Consistency の数値も90%近い数字になっているので、比較的再現性高くストロークできていました。

ただミスは左方向になりやすいので自然にフェースが少しだけ右に向くようになっていました。これはミスに対する保険程度であれば問題ないのですが、左に行きたくないという意識が強くなってくると、フェースの開く度合いが大きくなってきます。

ただそうなると軌道が真っすぐになった時は右目に飛んでいくということになります。いやな左をなくしたいがゆえに出ている右へのミスという感じでした。

毎回真っ直ぐにテークバックするというのはかなり難しいことになります。ショットでストレートボールを打つのが難しいのと同じことですね。

ですので、フェースの向きも真っ直ぐ、軌道も真っ直ぐになるというのはかなり奇跡的なことなような気がします。

それもヘッドがストレートに動くということは体を使ったストロークでであり得ない動きになりますので、手を使っての再現性を高くすることはかなり難しいことをやろうとしていることになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture
  2. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  3. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  4. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  5. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  6. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  7. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  8. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  9. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP