先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。

ただフェースの向きが少しオープン気味になることがあるので、悪いときにはアウトサイドインに少しだけなってしまいます。

最初に打っていただきながらのヒアリングでもなるべくフェースの開閉をしないイメージで、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出す意識でやっているとおっしゃっていました。

出てきたデータはまさにその通り。Consistency の数値も90%近い数字になっているので、比較的再現性高くストロークできていました。

ただミスは左方向になりやすいので自然にフェースが少しだけ右に向くようになっていました。これはミスに対する保険程度であれば問題ないのですが、左に行きたくないという意識が強くなってくると、フェースの開く度合いが大きくなってきます。

ただそうなると軌道が真っすぐになった時は右目に飛んでいくということになります。いやな左をなくしたいがゆえに出ている右へのミスという感じでした。

毎回真っ直ぐにテークバックするというのはかなり難しいことになります。ショットでストレートボールを打つのが難しいのと同じことですね。

ですので、フェースの向きも真っ直ぐ、軌道も真っ直ぐになるというのはかなり奇跡的なことなような気がします。

それもヘッドがストレートに動くということは体を使ったストロークでであり得ない動きになりますので、手を使っての再現性を高くすることはかなり難しいことをやろうとしていることになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH

    2020.06.12

    久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH

    久しぶりに迷わずパターを買いました(使う予定もないのに...)。今回購入したのは …

    久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH
  2. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  3. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  4. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  5. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  6. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  7. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  8. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  9. 「無意識のパッティング」 その3

    2020.04.15

    「無意識のパッティング」 その3

    今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。「メカニズムについて考えなが…

    「無意識のパッティング」 その3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP