先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。

ただフェースの向きが少しオープン気味になることがあるので、悪いときにはアウトサイドインに少しだけなってしまいます。

最初に打っていただきながらのヒアリングでもなるべくフェースの開閉をしないイメージで、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出す意識でやっているとおっしゃっていました。

出てきたデータはまさにその通り。Consistency の数値も90%近い数字になっているので、比較的再現性高くストロークできていました。

ただミスは左方向になりやすいので自然にフェースが少しだけ右に向くようになっていました。これはミスに対する保険程度であれば問題ないのですが、左に行きたくないという意識が強くなってくると、フェースの開く度合いが大きくなってきます。

ただそうなると軌道が真っすぐになった時は右目に飛んでいくということになります。いやな左をなくしたいがゆえに出ている右へのミスという感じでした。

毎回真っ直ぐにテークバックするというのはかなり難しいことになります。ショットでストレートボールを打つのが難しいのと同じことですね。

ですので、フェースの向きも真っ直ぐ、軌道も真っ直ぐになるというのはかなり奇跡的なことなような気がします。

それもヘッドがストレートに動くということは体を使ったストロークでであり得ない動きになりますので、手を使っての再現性を高くすることはかなり難しいことをやろうとしていることになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  2. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  3. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  4. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  5. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  6. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  7. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  8. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  9. 今月は15本のロフト/ライ調整

    2019.08.28

    今月は15本のロフト/ライ調整

    8月はストローク分析のキャンペーン価格もあって、パターのライ角、ロフト角の調整を15本やりました。…

    今月は15本のロフト/ライ調整

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP