先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。

ライ角調整ができないパターは、基本的にはシャフトが直接ボディーに入っているストレートシャフトもの以外には無いと思っていたのですが、今回できないものが新たに追加となりました。

このパターはセンターシャフト仕様だったのですが、ボディーから1cm弱のネックが出ていてそのネックに対してオーバーホーゼルになっていました。

簡単に曲がると思ってお客さんに持ってきていただいたその場で対応。

カタログ上は70度のライ角とのことだったのですが、計測すると68.5度。お客さんの希望は75度とのことでした。

ですがセットして曲げようと思っても、曲がったという感触が伝わってこない…。計測してみると0.5度も動かず…。

もう一度気合を入れなおしてやってみたのですが、少し動いたかな?という感触。ですが計測してみると70度。ということでお客さんにはこれは曲げられないということをご説明し、70度になった状態でお渡しということになりました。

で、このパター何かというと、「PRGR Silver Blade DD 01CS」。残念ながらこのロフト角/ライ角の調整はできません。

めったにこんな事がないので書いておきました。一般的なパターではできないものはほとんどありませんので、調整を考えている方はお持ちください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  2. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  3. パターを変えるタイミング

    2019.11.22

    パターを変えるタイミング

    パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと…

    パターを変えるタイミング
  4. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  5. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  6. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  7. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  8. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  9. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP