先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。

ライ角調整ができないパターは、基本的にはシャフトが直接ボディーに入っているストレートシャフトもの以外には無いと思っていたのですが、今回できないものが新たに追加となりました。

このパターはセンターシャフト仕様だったのですが、ボディーから1cm弱のネックが出ていてそのネックに対してオーバーホーゼルになっていました。

簡単に曲がると思ってお客さんに持ってきていただいたその場で対応。

カタログ上は70度のライ角とのことだったのですが、計測すると68.5度。お客さんの希望は75度とのことでした。

ですがセットして曲げようと思っても、曲がったという感触が伝わってこない…。計測してみると0.5度も動かず…。

もう一度気合を入れなおしてやってみたのですが、少し動いたかな?という感触。ですが計測してみると70度。ということでお客さんにはこれは曲げられないということをご説明し、70度になった状態でお渡しということになりました。

で、このパター何かというと、「PRGR Silver Blade DD 01CS」。残念ながらこのロフト角/ライ角の調整はできません。

めったにこんな事がないので書いておきました。一般的なパターではできないものはほとんどありませんので、調整を考えている方はお持ちください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  2. 「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    2020.05.13

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。パッ…

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識
  3. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  4. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  5. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き
  6. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  7. なんか構えにくい…の原因は

    2020.02.21

    なんか構えにくい…の原因は

    こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい...という相談をよく受けま…

    なんか構えにくい…の原因は
  8. またイップスに関する話ですが…

    2020.05.18

    またイップスに関する話ですが…

    イップスではない方にはあまり参考にはならないかもしれませんが、知っていることは結構重要です。…

    またイップスに関する話ですが…
  9. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP