先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。

グリーンのスピードは11.5フィート。グリーン面は硬く、いつもの距離感でショットを打ったりアプローチをすると受けグリーンの上についてしまう。

かといって手前からと思うと砲台グリーンなのでちょっと距離が足りないだけでボールが落ちてきてしまう…。

そして上からのパットは打っているつもりはないのにピンを2mもオーバー…。こういう予期しないことが起きたときに自分がどうなるのか?知っておくことは重要です。

この時は必死に ”いつも通りいつも通り” と思いながらやっても感覚が戻らないというか違うことを意識しなければならないと思わせる状況でした。

傾斜の途中にカップを切っているホールもいくつかありましたが、そんなホールで上につけたら大変です。

こういう時はとにかく下につけるを実践し、前半の21パットから17パットに減らすことができましたが、この難しさはほとんど経験した事がない感じでした。

予期せぬことが起きても冷静に対処方法を考えられる精神力が必要ですね。一度こういう経験をしたことは今後のゴルフにプラスになったと思います。

  • コメント: 1

関連記事

  1. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  2. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  3. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  4. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール
  5. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  6. パターの芯で打つべきなのか?

    2019.08.29

    パターの芯で打つべきなのか?

    パターの芯で当たっているかをすごく気にしている方がたまにいます。パターの重心位置(芯)で打…

    パターの芯で打つべきなのか?
  7. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる
  8. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある
  9. duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole Remake

    2019.09.27

    duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole R…

    ダックビルゴルフのオリジナルパターの Rocker Sole Remake(ロッカーソールリメイク…

    duckbill golf NO-LOGO Rocker Sole Remake

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP