先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。

グリーンのスピードは11.5フィート。グリーン面は硬く、いつもの距離感でショットを打ったりアプローチをすると受けグリーンの上についてしまう。

かといって手前からと思うと砲台グリーンなのでちょっと距離が足りないだけでボールが落ちてきてしまう…。

そして上からのパットは打っているつもりはないのにピンを2mもオーバー…。こういう予期しないことが起きたときに自分がどうなるのか?知っておくことは重要です。

この時は必死に ”いつも通りいつも通り” と思いながらやっても感覚が戻らないというか違うことを意識しなければならないと思わせる状況でした。

傾斜の途中にカップを切っているホールもいくつかありましたが、そんなホールで上につけたら大変です。

こういう時はとにかく下につけるを実践し、前半の21パットから17パットに減らすことができましたが、この難しさはほとんど経験した事がない感じでした。

予期せぬことが起きても冷静に対処方法を考えられる精神力が必要ですね。一度こういう経験をしたことは今後のゴルフにプラスになったと思います。

  • コメント: 1

関連記事

  1. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?
  2. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  3. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  4. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  5. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  6. ”がっかり” してしまいました…

    2020.01.27

    ”がっかり” してしまいました…

    先日はがっかりしないことが次のホールに引きずらないために必要だという話を少し前にしましたが、先日…

    ”がっかり” してしまいました…
  7. エースパターってどんなパター?

    2019.04.25

    エースパターってどんなパター?

    エースパターを作っている人は少なくないと思います。パターは他のクラブと違って数本持っている方が結構…

    エースパターってどんなパター?
  8. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  9. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP