ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。

今回はパッティングはリズムが重要というお話しです。私はパッティング全般においてリズムが大切だといつも思っています。

これはショートパットに限らず距離感をつかむ上でも重要な要素だと考えています。リズム良くできていれば狙った方向に打ち出しやすく、更に距離感も合いやすいと思います。

どういうことかというと…

ショートパットでのミスは、これまで説明したフェース面の作り方に加えて、テークバックの幅に対するフォローのイメージでも変わってきます。

テークバックが小さすぎれば届かせるためにパンチを入れてしまうことにつながります。その動きを手だけでしてしまうと更に悪いことが起こります。

ですので、ミドルパットを打つときの「イチ、ニッ」のリズムでショートパットも打っていただきたいんです。ひっかけが出る方はだいたい「ニッ」の方が速くなっていることが多いです。

逆にテークバックが大きすぎると飛び過ぎないようにインパクトで緩んでしまいます。緩むと距離感も悪くなってしまいますね。

ですのでショートパットを外さないために重要なのは、いつものリズムでストロークの幅を同じ割合で小さくして打つことが重要になってきます。

頭の中でも、実際に口ずさんでもいいので、リズムを合わせてやってみてください。

  • コメント: 1

関連記事

  1. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  2. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  3. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  4. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  5. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  6. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  7. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  8. 太くて軽いグリップに注意

    2019.10.11

    太くて軽いグリップに注意

    最近太いのに重量が軽いパター用グリップが流行っていますね。SuperStroke はその代…

    太くて軽いグリップに注意
  9. 易しいパターって何だろう?

    2020.03.30

    易しいパターって何だろう?

    易しいパターの定義はなかなか難しく、その人の弱点をカバーしてくれるものが易しいパターということにな…

    易しいパターって何だろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP