ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。

今回はパッティングはリズムが重要というお話しです。私はパッティング全般においてリズムが大切だといつも思っています。

これはショートパットに限らず距離感をつかむ上でも重要な要素だと考えています。リズム良くできていれば狙った方向に打ち出しやすく、更に距離感も合いやすいと思います。

どういうことかというと…

ショートパットでのミスは、これまで説明したフェース面の作り方に加えて、テークバックの幅に対するフォローのイメージでも変わってきます。

テークバックが小さすぎれば届かせるためにパンチを入れてしまうことにつながります。その動きを手だけでしてしまうと更に悪いことが起こります。

ですので、ミドルパットを打つときの「イチ、ニッ」のリズムでショートパットも打っていただきたいんです。ひっかけが出る方はだいたい「ニッ」の方が速くなっていることが多いです。

逆にテークバックが大きすぎると飛び過ぎないようにインパクトで緩んでしまいます。緩むと距離感も悪くなってしまいますね。

ですのでショートパットを外さないために重要なのは、いつものリズムでストロークの幅を同じ割合で小さくして打つことが重要になってきます。

頭の中でも、実際に口ずさんでもいいので、リズムを合わせてやってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  2. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  3. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  4. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  5. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  6. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  7. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  8. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  9. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP