ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。

今回はパッティングはリズムが重要というお話しです。私はパッティング全般においてリズムが大切だといつも思っています。

これはショートパットに限らず距離感をつかむ上でも重要な要素だと考えています。リズム良くできていれば狙った方向に打ち出しやすく、更に距離感も合いやすいと思います。

どういうことかというと…

ショートパットでのミスは、これまで説明したフェース面の作り方に加えて、テークバックの幅に対するフォローのイメージでも変わってきます。

テークバックが小さすぎれば届かせるためにパンチを入れてしまうことにつながります。その動きを手だけでしてしまうと更に悪いことが起こります。

ですので、ミドルパットを打つときの「イチ、ニッ」のリズムでショートパットも打っていただきたいんです。ひっかけが出る方はだいたい「ニッ」の方が速くなっていることが多いです。

逆にテークバックが大きすぎると飛び過ぎないようにインパクトで緩んでしまいます。緩むと距離感も悪くなってしまいますね。

ですのでショートパットを外さないために重要なのは、いつものリズムでストロークの幅を同じ割合で小さくして打つことが重要になってきます。

頭の中でも、実際に口ずさんでもいいので、リズムを合わせてやってみてください。

  • コメント: 2

関連記事

  1. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  2. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  3. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  4. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  5. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  6. パターは嗜好品なので

    2019.09.19

    パターは嗜好品なので

    ラウンド中一番使う回数が多いパターは持っていてやる気が出るとか、その気になれるパターを使いたいです…

    パターは嗜好品なので
  7. ロフトチェックは大事

    2019.01.29

    ロフトチェックは大事

    パッティングストロークの分析前に必ずお持ちいただいたパターのスペックを計測するのですが、カタログ値…

    ロフトチェックは大事
  8. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  9. パッティングで大事なこと

    2020.03.23

    パッティングで大事なこと

    この話は何度かしたことがあるかと思いますが、先日もいらした方に聞かれたのでまた書こうと思います。…

    パッティングで大事なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP