ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。

パッティングストローク分析ではショートパットの打ち方も分析できるのですが、通常のパットと変わり易いパラメータがあります。

今日から3回にわたってその話をしますのでおつきあいください。

1回目の注目したパラメータはテークバックが終わったところでのフェースの向きです。

どんなストロークをしようとしているかにもよりますが、どんなパターを使ってもテークバックでフェースは開きます(正しい動きをしていればフェースは開こうとする)。

ですが、この開こうとする動きを抑制し真っ直ぐに真っ直ぐにという意識が強すぎるために、普段のローテーションが入らずテークバックをしてしまいます。

そうするとその後の動きが普通になってしまうとフェースが閉じて当たってしまいます。それに加えて右肩が出てしまうとより引っ掛けるという方向に動いてしまいます。

ですので、距離に応じた適度なフェースローテーションを入れていつものストロークをすることがショートパットを外さないことにつながります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  2. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  3. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  4. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  5. スタンスの向きを変えて軌道を修正

    2019.09.3

    スタンスの向きを変えて軌道を修正

    一般的にオープンスタンスの人はアウトサイドイン、クローズドスタンスの人はインサイドアウトの軌道にな…

    スタンスの向きを変えて軌道を修正
  6. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  7. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  8. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  9. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP